話題/ネタ

「地球外生命体」のミイラは偽物 ペルー政府見解

ミイラ-1
 


「地球外生命体」のミイラは偽物 ペルー政府見解

【AFP=時事】ペルー文化省などはこのほど、同国南部で発見された「地球外生命体」のミイラとされるものについて、偽物との見解を明らかにした。
 
首都リマで行われた記者会見では、3か月に及ぶ調査で検察がまとめた法医学報告書が示されたほか、ミイラの一部とされるもののエックス線画像なども提示され、法医学専門家が説明を行った。
 
問題のミイラとされるもの2体は昨年9月、「人類ではない」生物の遺体としてメキシコ議会で公開された。メキシコのジャーナリスト、ハイメ・マウサン(Jaime Maussan)氏が2017年に発見したとされていた。
 
文化省はこの2体について、ナスカ(Nazca)の地上絵で知られるナスカ文明期のものと説明されているが、でっち上げだと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a8736d317ab1d4029917a01a39d7eeec002b42b

 

【画像】ペルー・リマで公開された「地球外生命体」のミイラとされるもの

ミイラ-5
 
ミイラ
 
ミイラ-2
 
ミイラ-3
 
ミイラ-4

 

Wikipediaから地球外生命の情報を抜粋

地球外生命(ちきゅうがい せいめい)とは、地球以外の惑星や宇宙空間など、地球の大気圏の外に生存している(またはそこ由来の)生命をいう。地球外生命体(ちきゅうがいせいめいたい)、地球外生物(ちきゅうがいせいぶつ)ともいう。
 
知能の高低は問わず、知的生命でないものも含む。また、大気圏外にあって生存してはいても地球由来の生物(宇宙飛行士や宇宙船内の実験用生物)はこれを含まない。
 
英語(事実上の国際共通語)では、"extraterrestrial(日本語音写例:エクストゥラティレストゥリアル、日本語慣習読み:エクストラ テレストリアル)" 、"extraterrestrial being" 、"extraterrestrial biological entity" 、"extraterrestrial life" 等々、様々な名称が用いられるが、日本語の「生命」「生命体」「生物」のもつ語意のようなものがそれぞれに異なるのと同様、少しずつニュアンスが異なる。ET(イーティー)という略語も頻用されるが、これは extra-terrestrial の頭字語である。EBE(イーバ)も略語で、こちらは extraterrestrial biological entity の頭字語。また、それが知能の低くない異星人(ヒトと相似する、異星の知的生命)であれば、"alien life" ともいう。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
でしょうね
名無しさん
よほど都合が悪いようだなw
名無しさん
知ってた
偽物でしたか・・・
「地球外生命体」のミイラなら世紀の大発見だったのに!
名無しさん
名無しさん
もっと夢見させろよw 本物ぅてことでいいんじゃね?www
名無しさん
石膏固めたみたいだよね
名無しさん
そりゃそうだ
次、行ってみよう!!
なんとなく残念(ToT)
名無しさん
名無しさん
地球外知的生命体のミイラじゃなかったんだね。
これは本物やけどパニックになるから偽物として処理されたな…

名無しさん
本物だったら夢があったのになぁ...

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -話題/ネタ
    -, , ,