話題/ネタ

「妻が何度言っても牛乳と乳飲料を間違えて買ってくる…」→Xで話題に

牛乳
 
12/18(月) オリコン
 
スーパー等の牛乳が並ぶコーナーには、同様のパッケージだが、生乳50%未満の「加工乳」や「乳飲料」なども陳列されている。
先月、X上では“何度「これは牛乳じゃない」と言っても、妻が誤って「乳飲料」を買ってくる”との夫の嘆きポストが話題になった。
 
牛乳そっくりの「乳飲料」にはどういったニーズがあり、どう使い分けたら良いのか?簡単な見分け方と共に森永乳業に聞いた。
 
■似てるけど… 「牛乳」の表記禁じられている「加工乳」「乳製品」それぞれの違いとは
スーパーやコンビニの牛乳コーナーにずらりと並ぶ牛乳や乳飲料。牛から絞った生乳のみを使った「成分無調整牛乳」以外にも、「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」、そして「加工乳」や「乳飲料」と、様々な種類が存在する。
 
市場の約75%を占めるのは、一般的に「牛乳」と呼ばれている「成分無調整牛乳」だ。『森永のおいしい牛乳』など、もっとも生乳に近いため、コクや風味を楽しめるのが特徴だ。
 
これに対して、「成分調整牛乳」は生乳から水分や乳脂肪分などの一部を除去しているため、キレがあり、すっきりとした味わい。より脂肪を気にする人のために、さらに乳脂肪分を除去したものが「低脂肪牛乳」。さらに、乳脂肪分が0.5%未満で、ほとんど脂肪が入っていないのが「無脂肪牛乳」だ。
 
Xポストで話題になったのは生乳50%未満の「乳飲料」で、生乳のみを使った「牛乳」とは別物だ。
 
「乳飲料は、嗜好性を高めるために、生乳をベースに、果汁やコーヒー、栄養性を高めるためにビタミン等の乳製品以外の原料を加えたもので、加工乳は、脱脂粉乳やクリーム、バター等の乳製品を加えた製品です。あえて脂肪分を高めた濃厚タイプや、『高タンパク・高カルシウム』など、栄養機能を訴求した商品もあります」(森永乳業・ミルク事業マーケティング部・馬渕 景士さん/以下同)
 
それぞれに味や価格の違いがあり、細分化したニーズに合わせて展開されている。同社の調査では、牛乳を飲む理由として「カルシウムが摂れる」が一番多く挙がっている。次いで「おいしい」「タンパク質が摂れる」となっており、同じ1杯でも、より多くの栄養素を摂りたい人は「乳飲料」や「加工乳」を好む傾向にあるという。
 
続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/34152b67e360fad4c5610ef8e3c5a75cd6ec9ebc

 
 

ネット民の反応

名無しさん
何度も間違えて買ってきてるんじゃなくて、わざと買ってきてるんだと思うよ♡
牛乳218円と、乳飲料138円なら、そりゃ138円買うよね♡
 
低脂肪牛乳(乳飲料、108円)を黒いカップに注いだときに「これ半分水じゃね?」と気付いてしまう絶望感♡
名無しさん
牛乳そっくりの乳飲料あるよな
安いと思ったらそいつだったわ
名無しさん
奥さんが学習しないことを学習しない旦那
間違ってると思ってる時点でアホ確定www
特売してるからとか、脂肪が少ないからとかそういう理由で旦那の言う事は聞き流してる
名無しさん
名無しさん
美味しいか美味しくないから選べば問題がない
名無しさん
安い方買ってんだろ
味にこだわりがないとそうなる
名無しさん
妻が発達なのでは
チーズも最近はニセモノが安い値段で売られてるよな
一度騙されて買ったが、クッソまずい
名無しさん
名無しさん
間違えて買うのが気に入らないならば自分で買いに行けば良いんじゃない?
ついでに旦那は独りで暮らせば良い。
そうすれば自分の好きな牛乳だけで暮らしを満たせる。自分の好みを押し通すならばそれぐらいの覚悟を持て。

名無しさん
目隠しして牛乳と乳飲料を飲んで
確実にどちらがどちらか
言い当てられる者だけが石を投げなさい

 

引用元

\\ X (旧Twitter)でバズッターニュースを //

    -話題/ネタ
    -,