話題/ネタ

【ローソン】トッピングなしのクリスマスケーキが話題に

ローソン
 
ローソンは7日、2023年のクリスマスケーキのラインアップを発表した。
今年はイチゴや飾り付けのないホール型のショートケーキを発売。
割安感を出しつつ家族らで自由にデコーレションしてもらう。一方で4000~5000円台の高価格帯の商品も用意した。
 
自宅で家族や友人と集まって過ごす人も増えるとみられるなか、消費の二極化に対応しケーキの販売は前年並みを見込む。
 
ローソンは今年のクリスマスケーキについて、「メリハリ消費に対応した」(ベーカリー・デザート部の鈴江裕子シニアマーチャンダイザー)という。商品の大半は16日か18日までに店舗か専用アプリで事前に予約してもらい、店に後日取りに来てもらう。当日買えるショートケーキも用意する。
 
節約志向にも対応する(7日、東京都品川区)
今年初めて出すのが「シンプルショートケーキ 6号」だ。桃を挟んだスポンジにホイップクリームのみというトッピングがない形。生クリームの乳脂肪分の配合を減らしたほか、手作業の工程も少なくしたことで、価格を2490円に抑えた。予約期限は15日まで。
 
食品スーパーなどでフルーツやお菓子を購入し、自宅で自由にケーキを作り上げてもらう。
 
お買い得感のある商品も増やした。「プレミアムロールケーキ」の生地の端材を使ったホール型のティラミスは2500円と、昨年の3000円台から価格を抑えた。大きさをやや小さくしたほか、ホイップクリームの使用部分を若干減らした。
 
「ハレの日はぜいたくに過ごしたい」(白鳥瑞穂マーチャンダイザー)という需要に対応し、付加価値を加えた商品も充実させた。濃厚なガナッシュチョコレートなどを使った「ゴディバ」監修のケーキ(5000円)のほか、イチゴスイーツ専門店が監修したムースケーキ(4160円)などを用意した。
 
付加価値を付けた高価格帯の商品も用意した(7日、東京都品川区)
帝国データバンクによると、百貨店やスーパー、コンビニなどで販売される23年のクリスマスケーキ(ホール型の5号)の平均価格は4468円と、前年から325円上昇した。卵や砂糖などの原材料価格の高騰を背景に、2年間で500円以上上がったという。
 
鈴江氏は今年のクリスマスについて、「新型コロナウイルス禍から4年ぶりに制限のない年とあって、自宅や友人宅に集まってパーティーをする傾向にある」と説明した。物価高を背景に節約志向が強まるなか、当日でも買えるショートケーキも準備することで多様化するニーズを取り込む。
 
(原欣宏)
 
日本経済新聞 2023年12月7日 16:03
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC073HI0X01C23A2000000/

 
 

ネット民の反応

名無しさん
やす~い❤
名無しさん
いいね!子供たちが自由にトッピングできるのも楽しそう
名無しさん
トッピング無しなら去年1000円で売ってるとこなかったっけ?
予約しよっかな
名無しさん
名無しさん
俺はこの状態で食べたいwww
名無しさん
結局トッピングを別で買ったら4000円くらいしそうだ
名無しさん
衰退国らしくていいじゃないのw
まぁ、子供たちにトッピングさせたらとんでもないことになりそうじゃね?笑
名無しさん
名無しさん
シンプルでいい

名無しさん
既存で付いてるイチゴが酸っぱいときなるからこの状態でローソクだけでいいかも

 

引用元

\\ X (旧Twitter)でバズッターニュースを //

    -話題/ネタ
    -, ,