スポーツ

サッカー日本代表、GK鈴木彩艶はもう擁護できない。全試合で失点「仕方ない」はもううんざり

鈴木彩艶
 


サッカー日本代表、鈴木彩艶はもう擁護できない。全試合で失点、“仕方ない”はもううんざり?【アジアカップ2023】

サッカー日本代表は1月31日、AFCアジアカップカタール2023・ラウンド16でバーレーン代表と対戦。この試合、日本代表は主導権を握り続け、堂安律、久保建英、上田綺世のゴールで3点を奪ってみせた。
 
一方で守備に目を向けると、ピンチ自体は少なかったにもかかわらず、またも失点。とくにGK鈴木彩艶のパフォーマンスレベルは、擁護できないものだった。
 
鈴木は4試合連続でゴールマウスを託された。グループリーグから抜群の安定感を示してきたわけではないが、森保一監督に信頼されている証だろう。しかし、その期待とは裏腹に、同選手のパフォーマンスがなかなか安定しない。バーレーン戦も失点を招くミスを犯している。
 
失点シーンは相手のヘディングシュートを弾いたところで、ゴールカバーに入っていた上田と被ってしまい、うまくキャッチできずボールをゴールの中へと入れてしまった。
 
これは事故であり、当然ながら上田にも責任はある。さらに、元はと言えばフリーでヘディングシュートを放たれたことも問題。今大会はセットプレーからの失点が多く、チームとして見直す必要がありそうだ。
 
鈴木の明らかなミスが起きたのは失点シーンの直前である。相手のクロスを冨安健洋がクリアしようとするもうまく当たらず、ボールが高く上がる。これに鈴木が反応すると、キャッチではなくパンチングを選択した。
 
これを相手に拾われ、2次攻撃につながれた結果、上記の失点を招くコーナーキックを与えることになった。
 
試合後に鈴木はそのプレーについて「自分のイメージとしては(空中に上がったボールに)すごい回転がかかっていたので、キャッチでこぼすのが怖かった。イラク戦ですかね、ゴール前でキャッチミスしてセカンドボールを拾われたシーンがあったので、そのイメージで弾きにいったし、もっとトライしていいんじゃないかと言われました」とコメントしている。
 
「ボールにすごい回転がかかっていた」というのはその場にいる選手にしかわからない情報かもしれない。それを見極めた上でキャッチが得策ではなく、セーフティーにパンチングで逃げた方が間違いないと判断したのは決して悪いことではないだろう。GKは失点を防ぐために存在しているのであり、それを成すために常に安全なプレーを続けなければならない。
 
しかし、技術面には問題があったと言わざるを得ない。相手に強くプレッシャーをかけられたわけでもないのにパンチングが弱く、ボックス内近くにボールを落としてしまっている。これは論外だ。
 
当然、鈴木がキャッチするかパンチングで強く弾き出すだろうとイメージしていた味方選手はセカンドボールへの反応が遅れており、先述した通り相手に拾われ2次攻撃を許してしまった。
 
ボールにすごい回転がかかっていたということは、ピッチの外で見ている以上に難しいプレーだったのかもしれない。だからといって、日の丸を背負う選手があんな中途半端なパンチングをしていいわけではない。
 
せめてボックス外には弾くべきだろう。それができないのであれば、言葉は悪いかもしれないが、まだこうした国際舞台に立つレベルにないと言わざるを得ないだろう。
 
グループリーグからそうだが、鈴木はGKとして絶対に防いでほしい場面で防いでくれない。ベトナム代表戦、イラク代表戦、インドネシア代表戦、バーレーン代表戦…。いずれの失点もノーチャンスではなく、レベルの高いGKであればストップできていたものだった。
 
もちろん、仕方ない部分もあるかもしれない。しかし、被シュート数が少ないとはいえ、「よく防いでくれた!」というプレーがほぼなく、仕方ないで済まされ続けるGKをどこまで信用すればいいのだろうか。
 
これで4試合連続の失点。しかも、ほとんどが鈴木のプレーから招いたものだ。もう擁護はできない。
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce9401097b568e38cde6e94178d53fddd051575c
サッカー日本代表、鈴木彩艶はもう擁護できない。 全試合で失点、“仕方ない”はもううんざり?【アジアカップ2023】

 

Wikipediaから鈴木彩艶の情報を抜粋

鈴木 彩艶(すずき ざいおん、2002年8月21日21歳)は、アメリカ合衆国生まれ、埼玉県さいたま市浦和区出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。ポジションはゴールキーパー(GK)。日本代表。
 
ガーナ人の父と日本人の母を持ち兄弟では兄がいる。アメリカで生まれ埼玉で育った。名前の彩艶(ザイオン、Zion)は、聖書に登場する聖なる丘「Zion」に由来している。
 
幼稚園の頃に兄の影響でサッカーを始め、浦和大東スポーツサッカー少年団に入団。その後小学校年代から浦和レッズのアカデミーに所属し、浦和ユース在籍中の2019年2月1日、浦和とクラブ史上最年少となる16歳5か月11日でプロ契約を締結した。8月9日、2種登録選手としてトップチーム登録された。
 
2020シーズンも2種登録され、2月21日、リーグ開幕戦の湘南ベルマーレ戦で怪我で離脱した福島春樹に代わっていきなりベンチ入りを果たした。その後も福島と控えの一枠を争い、リーグ戦16試合でベンチ入りしたが、シーズン通じて試合出場はなかった。8月21日、浦和と契約更新した。
 
2023年8月、プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCから移籍金9億円以上での獲得オファーが来ていたがこれを断り、ベルギー1部のシント=トロイデンVVに期限付き移籍した。
 
2024年2月、シント=トロイデンVVに完全移籍。
 
出典:Wikipedia

 

【アジアカップ】闘莉王氏 バーレーン戦の鈴木彩艶を改めて酷評「GKで3回ミスはあり得ない」

アジアカップ(カタール)で日本の守護神を任されているGK鈴木彩艶(21=シントトロイデン)は、今後も起用を続けるべきなのか。
 
元日本代表DFの田中マルクス闘莉王氏が、1月31日の決勝トーナメント1回戦バーレーン戦を受けて、自身のユーチューブチャンネルで、鈴木について改めて言及した。「失点までは悪くなかった」としながらも「GK、DFたちは1回のミスで台なしにしてしまう」として、2―0の後半19分に、FW上田綺世(フェイエノールト)と交錯して起きたオウンゴールでの失点シーンを断罪した。
 
まずは失点の前段階にあったプレーに触れ「最初のパンチングを両手でいけるところを片手でいって、(失点につながる)CKが生まれた」。さらに「(相手の)ヘディングはキャッチできる。キャッチできないならコーナーへ流せ」と語気を強め、続くプレーには「もう1回ボールが上にこぼれた。そこはパンチングなのに、キャッチしにいった。同じシチュエーションで3回ミスした。GKで3回ミスはあり得ない。これはがっかり」と、あきれ顔だった。
 
続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/21c74c8106b617f1b568f2701090abb8aafda461

 
 

ネット民の反応

名無しさん
あれ?代表離脱っていうニュース見たのに
ザイオンのことじゃなかったのかよ
名無しさん
ポジショニングが絶望的に下手くそ
名無しさん
なんか批判しちゃいけない空気あるよね
権田はどこいった?
名無しさん
名無しさん
彩艶を批判すると人種差別野郎と受け取られかねないような反応になる。
名無しさん
伊東いなくなったし余裕こいてる暇なくなったぞ
名無しさん
森保は頑として使い続けるよなアホすぎだろ
決勝トーナメントで覚醒するだろう
成長を見守るのも大事だ
名無しさん
名無しさん
やらかし過ぎて、成長というか将来性を感じない
試合に出すべき選手じゃない
名無しさん
なんかもう伊東純也のことで吹っ飛んちまったよあれに比べたら 小さい 小さい
名無しさん
本人のメンタルのためにも、はずしたほうがいい
監督が意地になってるのかな
若いんだから代表で使うにしろ2-3試合に1回とかにしろよ
代表の全重圧を21歳にかけ続けるとか過酷すぎるだろ
自分のプレーを反省する時間も与えろよ潰す気かよ
名無しさん
名無しさん
川島と権田の偉大さが今更ながら分かった…気がしないでもない
あくまでもザイオンと比べたらの話しだけどねw
名無しさん
成長が見られないようだな
名無しさん
日本代表は育成の場ではない
そんなこともわからない人が8年も監督やる絶望
J2にいるからと権田ハブった罰
名無しさん
名無しさん
森保は批判されればむしろ使い続けるねじ曲がったプライドでな
 
この流れでイラン戦も使ってもらって負けるのがベスト。それでザイオン使ってる森保のクビ切ってくれるのが最もよい結末

名無しさん
これでアジアカップ優勝できなかったら代表ボロボロだよ
あと3試合くらいは育成やめて真面目にやろうぜ森保

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -スポーツ
    -, ,