スポーツ

ロッテ・佐々木朗希の「メジャー移籍容認の密約」をIT社長が吹聴しているワケ

佐々木朗希
 


ロッテ・佐々木朗希の「メジャー移籍容認の密約」をIT社長が吹聴しているワケ

「週刊文春」編集部
 
「ロッテは来オフに佐々木朗希投手(22)のメジャー移籍を容認せざるを得ないはずです」(球界関係者)
 
12月10日付のスポニチアネックスが〈ロッテ・朗希が今オフのメジャー挑戦要望〉と報じた。その背景には、ロッテと佐々木が交わした“密約”の存在が囁かれている。
 
◆ ◆ ◆
 
契約交渉やマネジメントに関わる人物が情報をリークか
 
大谷翔平投手のドジャース入りが決まった当日に流れたスポニチの“スクープ”。ところが、佐々木本人はもちろんロッテ側も、一切、コメントせず、沈黙を保っていた。
 
この不可解な報道は、「佐々木側に近い人物のリークではないかと見られている」(同前)。
 
その人物こそ複数のIT関連企業を経営する40代のX氏だ。慶應大学卒のX氏は、2019年に佐々木の母と伯母がそれぞれ立ち上げたスポーツマネジメント会社2社の執行役員を務めている。
 
「X氏は、大船渡高校時代から、佐々木の家族と関係を深めてきました。2019年のドラフトでロッテから1位指名を受けた時も、契約交渉をサポートしています」(ロッテ担当記者)
 
現在、佐々木のマネジメント窓口は大手広告代理店の電通だが、電通とタッグを組んで佐々木の直接的なサポートをしているのがこのX氏だ。
 
またX氏はこのオフにドジャースと大型契約を結んだ山本由伸投手(25)のマネジメントも手がけ、山本の実姉が経営する会社の役員でもある。
 
佐々木はロッテとサイドレターをつきで契約を交わしていた
 
実は、そんなX氏が、ロッテと佐々木の間に横たわる“密約”の存在を吹聴しているというのだ。
 
X氏から直接、その内容を聞いた前出の球界関係者は、こう証言する。
 
「入団交渉の席上、佐々木くんが希望した時にいつでもメジャーに行かせるようにロッテに要求したのです。ロッテ側もかなり渋って交渉は難航しましたが、この条件を飲まなければ、入団しないと強気に出た。最終的にはロッテが受け入れ、サイドレターをつけることで契約にこぎつけたという話でした」
 
この年のドラフト会議は10月17日に行われ、他の指名選手の多くは11月上旬には入団内定が発表されている。しかし佐々木のロッテ入りが決まったのは11月30日。1位指名された12選手の中で最も遅い入団合意だった。
 
「X氏は『このサイドレターがあるから、いつでもメジャー移籍ができる。プロ野球の球団なんてチョロい』と豪語していた。今回の佐々木くんのメジャー直訴は、『来年は必ずメジャー移籍を実現する』という意思表示。サイドレターがあるため、来季ロッテは、認めざるを得ないのだろうと思います」(同前)
 
「もう少しチームに貢献してから…」ファンの反応は様々
 
スポニチのスクープに対し、「早く佐々木くんがメジャーのマウンドで投げる姿が観たい」とファンも沸いたが、「まだロッテで1年を通じて活躍した実績がない。時期尚早」とする声も多い。
 
これまでポスティング制度でメジャーに移籍した投手は10人超。彼らが日本のプロ野球で登板した通算投球回数は、ほとんどが800回を超えており、1000回を超えて移籍が認められたケースも少なくない。
 
2017年、プロ5年目終了後にポスティングで移籍した大谷も、日本ハムで通算543回に登板。打者としても403試合に出場している。
 
一方の佐々木は、今季終了時点で通算投球回数は、約283回。来季フル稼働したとしても500回には遠く及ばない。ファンが「もう少しチームに貢献してから移籍して欲しい」と言うのも無理ないのかもしれない。
 
球団は密約について「ノーコメント」を貫く
 
また“密約”が真実ならば大きな問題だと語るのは、NPB関係者だ。
 
「各球団がこぞって獲得を目指す選手が、『無条件でのメジャー移籍容認』を求めるようになると、ポスティングやFAなど、日本球界が構築してきたメジャー移籍制度が根幹から崩れてしまう。日本球界の空洞化が一気に進む危険性も孕んでいます」
 
ロッテ球団の広報に密約について尋ねたが、「ノーコメント」。X氏にも密約に関する発言について聞くと「そのような事実はございません」と回答した。
 
多くの野球ファンが、佐々木のメジャーでの活躍を待ち望んでいる。果たして立つ鳥跡を濁さぬ移籍にできるか。
 
https://bunshun.jp/articles/-/68305

 

佐々木朗希の獲得へ「ドジャースは強く追求する」と専門メディアが見解「もうひとりの日本人スターに目を向けている」

今オフに大谷翔平と山本由伸を獲得したロサンゼルス・ドジャースが、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希にも大きな関心を示しているようだ。ドジャースの話題を専門的に扱う『Dodger Blue』が1月8日、「ロウキ・ササキの噂。もしポストされたらドジャースは強く追求するだろう」と報じた。
 
「オオタニ、ヤマモトに続いて、ドジャースはもうひとりの日本人スターに目を向けている。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本代表としてプレーし、さらに知名度を上げたササキだ」
 
 将来的なMLB挑戦を目指す佐々木は現在22歳。「MLBのポスティングシステム規定では、外国生まれの選手が制限のないFA資格を得るにはプロで6年の経験か、25歳以上であることが求められる」として、同メディアは「最短で26年シーズン後まで移籍できない可能性がある」と状況を説明した。
 
 それでも23歳でロサンゼルス・エンジェルスとマイナー契約した大谷を例に出しながら、「契約金や年俸はかなり抑えられたものになるだろうが、オオタニと同様に25歳を迎える前に海を渡るのでは、とも考えられている」と、25歳のシーズンを迎える前に渡米する可能性にも言及した。
 
構成●THE DIGEST編集部(1/10(水))
 
佐々木-大谷-山本
 
続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/48d32d8f321e1f9b426a8b3bf2ddddd8475848c2

 

佐々木朗希がかつての師匠と“疎遠”に?千葉ロッテとの契約交渉が長引く「本当の理由」

1/12(金) FRIDAY DIGITAL
 
千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(22)がプロ入り後、初めて契約更改を年明けに持ち越した。球団に対してポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦の意向を伝えており、早ければ’24年のシーズン終了後にも米国に渡る可能性が浮上している。
 
スポーツ紙などの報道によるとロッテ・高坂俊介球団社長が1月4日、「私の立場ではコメントを差し控えたい」と前置きしたうえで「活躍した選手がメジャー挑戦することについては、球団として後押ししたいという考え方は変わっていない」と一定の理解を示したのだ。ただ、サインしていない理由はそれだけではないのだという。千葉ロッテOBはこう明かす。
 
「朗希(佐々木)の契約交渉が越年になったのは、球団に対して伝えたメジャー挑戦の意向について今回何らかの確約をとりたいのだと思います。昨年は3月のワールドベースボールクラシック(WBC)で世界一に貢献しましたが、7月に左わき腹を痛めて一時離脱したのでロッテに対する貢献度は100点満点とは言えない。同じくロッテからポスティングでメジャーに行った西岡剛が8年目で行ったときより3年早く『まだ早い』という意見はありますが、投手コーチ時代には自分を守ってくれた吉井理人監督(58)に対する気持ちが離れてしまっていることも影響しているんです」
 
佐々木と吉井監督。かつては“蜜月”とも言われた師弟関係に亀裂が入っているという。佐々木が契約を保留したからといって、吉井監督が退任するわけではないが、2人の間にいったい何があったのか。
 
続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1d1680130e5735d6971c3ff7953ff1caefa2c9c

 
 

ネット民の反応

名無しさん
2試合連続完全試合しかけたんで
もう低レベルのNPBで投げて肩を消耗したくないんだろう
名無しさん
まず25歳未満なので買い叩かれて高額契約は不可能、給料はむしろ落ちる
そしてメジャーは中4日だから額面通りに起用されるとすぐ壊れる
これ佐々木は理解してんのか
名無しさん
ロッテの試合なんて誰も見ないんだから
はやく大谷みたいにメジャーで活躍してほしいと思うのがファンだよ
 
ロッテははよ認めろや
まあ本当にサイドレターは存在するんだろうな
そもそも育成過程においても筑波大の人が介在してたり明らかにロッテのコントロール下になかった
名無しさん
名無しさん
ついに黒幕の存在が出てきたか
こういう怪しい人物がいなきゃいまの滅茶苦茶な状況にはならないからな
名無しさん
とりあえずあっちに行ってボッコボコにやられてくればいいじゃない
名無しさん
とうとう出たねサイドレター
悪い大人に佐々木が騙されてないか心配だわ
名無しさん
名無しさん
佐々木の速球は日本だと圧倒的だけどメジャーでは中継ぎリリーフなら佐々木より速い奴も何人かいるしな
瞬間的に凄い力出すよりコンスタントに勝てる投手にならないと向こうはポテンシャルだけでは評価されない

名無しさん
佐々木のポスティングも容認ではあるけどまだ規定投球回どころか100イニング越えたのも1年だけで
3年はまともにローテ回すぐらいはしてくれってなもんなだけだろ
今年ローテ回したら来年か再来年は行けるんじゃないか
そういう意味で今年の内から要望だけしてファンにも「去年から言ってるし」っていう
その年突然言い出したら文句だらけになる現状を先に処理しとくってなもんだな

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -スポーツ
    -,