スポーツ

ダルビッシュ有さん、ロッテファンに異例呼び掛け「佐々木朗希くんを…」

ダルビッシュ
 


 

【MLB】ダルビッシュ ロッテファンに異例呼び掛け「佐々木朗希くんをメジャーに行かせるよう署名活動して!」

2023年12月29日
 
パドレスのダルビッシュ有投手(37)がロッテ・佐々木朗希投手(22)をメジャーに行かせる署名活動をしてほしいと訴えた。
 
音声配信サービス「stand fm」に28日に登場したダルビッシュは、大谷翔平と山本由伸が同じナ・リーグのドジャース入りしたことに「すごく悲しい。なんて言うんだろう、この気持ち…。ドジャースにいたから良さは分かる。でも、僕がパドレスに行ってドジャースを倒したい、といつも燃えている。日本人で契約できるなら集まって倒したいというのはあった」と複雑な心中を吐露。
 
日本人軍団の結成を夢見ていたようで「ふっと力が抜けた」という。
 
さらに近い将来のMLB移籍を視野に入れる佐々木朗の今後にも触れ「応援してあげてほしい。ロッテファンはメジャーに行かせてほしいと署名活動してほしい。まだ早いとか、球団にもっと恩返ししてから、とか言うけど、そこを逆にね。みんなで署名活動しましょうよ。このラジオから選手をアメリカに送りましょう!」と呼び掛けた。
 
佐々木朗は今オフにポスティングシステムを利用してのMLB移籍を球団に要望していたことが明らかになっている。契約更改も越年。球団との交渉が続く中「佐々木君の心が心配。入った時にメジャーどうこうの話になっていたのかどうか…」と心中を察し「パドレスならOK。松井(裕樹)くんも僕もあと5年いる。佐々木くん、上沢(直之)くん、今永(昇太)くんも来てほしい」とエールを送っていた。
 
東スポWEB
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/287454

 

Wikipediaからダルビッシュ有の情報を抜粋

ダルビッシュ 有(ダルビッシュ ゆう、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・有、英: Sefat Farid Yu Darvish、1986年8月16日37歳)は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。
 
2015年に格闘家の山本聖子との間に男児が誕生。当初は事実婚であったが、2016年に婚姻届を提出し、正式な夫婦となった。
 
元妻はタレントの紗栄子。元総合格闘家のダルビッシュ翔(Dark翔)、元俳優のKENTAは弟、元格闘家の山本KID徳郁は義兄である。
 
2023年2月9日、最終年の契約を置き換え新たに6年総額1億800万ドルで契約を延長した。2023年の年俸は2400万ドルで、2024年が1500万ドル、2025年は2000万ドル、2026年に1500万ドル、2027、28年はいずれも1400万ドルとなっている。この契約内容には全球団へのトレード拒否権が含まれているため、事実上“生涯MLB”での活躍が約束された。同年は後述のWBC日本代表合宿への早期参加等の影響で、実戦不足からマイナー等での調整を要し、シーズン初登板は4月4日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦までずれ込んだ。
 
出典:Wikipedia

 

Wikipediaから佐々木朗希の情報を抜粋

佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日22歳)は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。
 
日本プロ野球(NPB)記録かつ世界記録となる13者連続奪三振、プロ野球タイ記録の1試合19奪三振の記録保持者。初の平成かつ21世紀生まれにして、21世紀並びに令和初、および2022年現在の現役選手唯一の日本プロ野球公式戦における、日本プロ野球史上最年少の完全試合達成者(佐々木朗希の完全試合)。「令和の怪物」と称されている。
 
登板回避問題
2019年7月25日に行われた第101回全国高校野球選手権岩手大会決勝戦において、佐々木は登板することなくチームも花巻東高校に2-12で敗れ、大船渡高校はあと一歩のところで35年ぶりの甲子園出場を逃した。
試合後、大船渡高校の國保陽平監督は佐々木の登板回避について、「3年間で(佐々木が)一番壊れる可能性があると思った。故障を防ぐためですから。私が判断しました」と登板回避の理由を説明したが、これに対して大船渡高校には2日間で250件の苦情が殺到した。一方、当時は学童野球の試合で球数制限が適用されるなど、選手の「投げ過ぎ」が問題視されていた時期とも重なったことから、佐々木のその起用法を巡っては有識者やファンの間で賛否両論が巻き起こり、社会現象となった。
 
2022年は自身初めて開幕ローテーションに入った。高卒1年目の松川虎生とバッテリーを組み、3月27日の楽天戦でシーズン初登板初先発し、初回に自己最速を更新する164 km/hを計測。6回3失点で勝敗は付かなかったが、毎回の10奪三振を記録すると、続く4月3日の西武戦でも毎回の13奪三振、8回3安打1失点の好投でシーズン初勝利を挙げた。
 
さらに同10日のオリックス・バファローズ戦では、初回二死からプロ野球新記録且つ世界記録となる13者連続奪三振、野田浩司が持つプロ野球記録に並ぶ毎回の1試合19奪三振、28年ぶり(1994年の槙原寛己以来[注 5])史上16人目となる完全試合を達成。
 
毎回奪三振での達成は史上初、通算14試合目での達成は史上最速、20歳5か月での達成は史上最年少記録となった 。この試合で記録された13者連続奪三振、及びバッテリーを組んだ松川との合計年齢は「プロ野球におけるピッチャーの連続奪三振最多数」、「プロ野球における完全試合を達成したピッチャーとキャッチャーの最年少(合計年齢)」(記録数値:38歳330日)としてギネス世界記録に認定された。
 
出典:Wikipedia

 

Wikipediaからポスティングシステムの情報を抜粋

ポスティングシステム(posting system)は、主にプロ野球において認められている移籍システムの一つ。日本のメディアでは入札制度という呼称もある。本稿では、日本野球機構(NPB)とメジャーリーグベースボール(MLB)間で行われるものを主に取り上げる。
 
■概要
主に海外フリーエージェント権(海外FA権)を持たない選手が海外リーグへの移籍を希望した場合に、所属球団が行使する権利である。
 
なお日本において、日本プロ野球からメジャーリーグベースボールへの移籍を希望しつつ、国内FA権を保有しそれを行使した状況で、この制度の同時使用も可能であるが、実際に使用されたことはない。国内FA権での移籍が成立した場合、その選手が海外FA権を取得したであろう時点まで、移籍先の球団がポスティングの手続きを取ることは出来ない(国内FA権を行使時にこの制度を申請したかは関係しない)。MLB側から見てFA選手獲得と異なる点は、譲渡金がぜいたく税の対象にならないことである。1998年に調印された「日米間選手契約に関する協定」により創設。当初は封印入札方式であったが2012年に一時失効し、2013年12月17日に2014年から有効になる入札ではなく選手所属球団が譲渡金額を定める制度が成立した。しかし入札制度という呼称は引き続き使用されている。2018年からは選手契約額と譲渡金が連動する制度に変更された。
 
【旧制度の問題点と新制度の成立による影響】
 
■当該選手側
当該選手側からの旧制度の問題点としては、落札した球団に権利金の支払いなどが求められていないことから、契約する意思の低い入札への脆弱性が挙げられていた。落札した金額は、当該選手との契約の締結に至った場合にのみ支払われるため、入札時にはいくらでも高額の入札が可能となり、結果的に他球団の当該選手獲得を妨害することもできた(しかし一方で当該選手がたとえマイナー契約でもその後の提示を受け入れた場合には落札した金額を支払わなければならないリスクもある)。
 
2006年にボストン・レッドソックスが松坂大輔を落札した金額が約5000万ドルと高騰化した際には、当初はレッドソックスがライバル球団のヤンキースへの入団を妨害するためだけに高額入札をした可能性が報道されたが、最終的に松坂とレッドソックスの間で選手契約が成立したため、レッドソックスが他球団への妨害目的を意図した高額入札でないことが明らかになった。
 
2009年までに契約の意思の無い妨害目的の入札は確認されておらず、落札された選手の全員が契約成立を果たしていたが、2010年に実施されたポスティングで岩隈久志との交渉権を獲得したオークランド・アスレチックスと当該選手の間での交渉期間内の契約が制度確立後初めて不成立となった。
 
2011年に実施されたポスティングではミルウォーキー・ブルワーズが青木宣親との交渉権を獲得し、結果的に契約は成立したが、ブルワーズは交渉権獲得後に青木のワークアウトを行い、契約を成立させる意思が無く入札に参加できる一例として問題視された。
 
新制度では複数球団との交渉が可能となり、契約する意思の低い球団により契約が不成立となる可能性が低くなった。
 
■MLB球団側
MLB球団側からの旧制度の問題点としては、入札金額に上限がないため、松坂大輔やダルビッシュ有など移籍前からMLB球団の評価が非常に高かった選手への入札額が高騰していた点や、最高落札額と2番目に高額だった入札額との金額差が大きいケースが多かった点が挙げられていた。また、スモールマーケットのMLB球団からは、入札額の高騰から獲得競争に加わりにくい点や、入札金がぜいたく税の対象とならないため、戦力均衡のバランスを崩す点が指摘されていた。
 
新制度では、複数球団が当該選手と交渉可能になったため、当該選手の獲得にかかる総費用が高騰する可能性があることに変わりないが、譲渡金に上限が設定されたため、ぜいたく税の対象となる当該選手個人への契約総額が高騰する可能性が高くなり、旧制度と比べると戦力均衡のバランスを保てる可能性が高くなった。
 
■NPB球団側
NPB球団側は旧制度の松坂大輔やダルビッシュ有のケースでは、移籍と引き換えに5000万ドル以上の多額の入札金を得ていたが、新制度では譲渡金に上限が設定されたため、大きな見返りを期待することはできなくなった。そのため旧制度での松坂やダルビッシュのケースのように、現在の譲渡金の上限額となる2000万ドルを越える入札金が期待できた選手に対してのポスティングシステムの行使を容認しない可能性がある。また、申請後の譲渡金額変更ができないため、評価に見合わない高額な譲渡金を設定すると獲得する球団がない恐れがある。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
とりあえず規定投球回数をクリアさせろ
話はそれからだ
名無しさん
これで失敗したら責任取れるの?
名無しさん
頭おかC
こんなん署名すんのパリーグの他のチームファンやろ
ほとんどが選手のファンやなくて球団のファンなんやぞ
これほんとならお前が100億くらいだして佐々木きゅん買い取って移籍させてやれよ
名無しさん
名無しさん
その結果ドジャースに行ったらウケるなw
名無しさん
ドジャースに嫉妬すか(笑)
名無しさん
俺はロッテを支持する
メジャーに行けるルールがあるのに我が儘過ぎる
ロッテファンはロッテを優勝させてほしいやろ
何を言うてんのや
名無しさん
名無しさん
さすがに立ち入りすぎ
部外者なんだから黙っとけよ
名無しさん
NPBを踏み台にしていくのは構わないけど 適切なタイミングってあるやろ?そりゃな

名無しさん
流石にロッテが可哀想
あんだけ過保護に起用してこれとか
 
もう高卒投手はドラフト上位で取らない方がいい

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

引用元

    -スポーツ
    -, ,