スポーツ

【サッカー】「涙が止まらん」小野伸二現役ラストマッチ 両軍サポーターが熱狂

小野伸二
 
サッカーJ1 第34節 浦和レッズ2-0北海道コンサドーレ札幌(3日、札幌ドーム)
 
サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌の小野伸二選手が、現役ラストマッチとなる古巣浦和レッズ戦に先発出場。前半22分に途中交代しました。
 
J1の試合では、清水エスパルス時代の2012年7月28日以来となる、11シーズンぶりの先発出場。
 
試合前には、チームメイトのほか、古巣の浦和でかつて自身がつけた背番号『8』を受け継ぐ、小泉佳穂選手と抱き合って健闘を誓いあうシーンもありました。
 
先頭で入場した小野選手は、大歓声で迎えられ、その右足でラストマッチをキックオフ。
 
前半4分には、後方からのパスに小野選手の代名詞、左足のダイレクトスルーパスを繰り出して、会場を沸かせます。
 
さらに前半18分には、小野選手がフリーキックできれいな曲線を描く場面もあり、ゴールを揺らすことはありませんでしたが、ワンプレーごとに大きな歓声が湧き起こりました。
 
そして前半22分、交代を告げられると、両軍の選手が花道をつくります。詰めかけた両軍3万1143人のサポーターからも盛大な拍手が送られ、小野選手はピッチとスタンドに両手をあげて拍手をし、何度も頭を下げました。
 
X(旧Twitter)では「小野伸二」がトレンド入り。「涙が止まらん」「天才小野伸二ありがとう」「最後までめちゃくちゃカッコ良かった」「ふさわしい引退試合」「長い間、本当にお疲れ様でした」などのコメントであふれています。
 
12/3(日) 16:01 日テレニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7bf0a1a4b9b06839afdcdd903ef8a2a184dca72

 

Wikipediaから抜粋

小野伸二
 
小野 伸二(おの しんじ、1979年9月27日44歳)は、静岡県沼津市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。
 
FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001準優勝、日韓ワールドカップGL1位通過、UEFAカップ優勝、アジア年間最優秀選手賞を受賞。FIFA世界大会、UEFAクラブ国際大会のすべてに出場した唯一の日本人選手。
 
出典:Wikipedia

 

YouTubeで見る


 
 

ネット民の反応

名無しさん
二万人以上立ち見出てるのかー、すごいねーwww
名無しさん
ああ、なんか客多いと思ったら浦和サポ大量に見に来てたのか
小野と言えば浦和だしな
名無しさん
正直カズと違ってこんな現役しがみつくタイプだと思ってなかったわ
天才特有の飽き症で30過ぎたらあっさり辞めるのかと
ありがとう小野伸二。永遠に。
名無しさん
名無しさん
引き際遅いよね
 
前半すらフルでられない状況まで引っ張って
名無しさん
44のおっさんがフルで出れるほどJ1甘くない
というか今年はリーグ戦殆どベンチにも入ってなかった
それを考えると20分でも出来たのが凄い
名無しさん
もうスプリントできる状態じゃなかったんだな足が
左足ダイレクトで出したスルーパスも全盛期ならもう少し低い軌道にコントロールできたはず、それでも上手かったけど
震えがとまらない
名無しさん
名無しさん
マジで天才やった。怪我さえなきゃなぁ

名無しさん
涙でてきたわ
本当にお疲れさまでした

 

引用元

\\ X (旧Twitter)でバズッターニュースを //

    -スポーツ
    -,