社会

【親ガチャ】学力差の要因は遺伝が50%

学力
 
2023/12/15
東洋経済オンライン
 
学力差の要因は遺伝が50%」教育格差の解決策
無料塾は教育格差にどう立ち向かうべきか?<前編>
 
「親ガチャ」の根本原因といえる「教育格差」をなくすには、教育の成果のとらえ方を変える必要があると語る
学習支援ボランティアの様子を『ルポ 無料塾』として上梓した教育ジャーナリストのおおたとしまささんと、『教育は遺伝に勝てるか?』などの著書がある行動遺伝学者の安藤寿康さんが、教育格差の解決策について語り合う。
 
学力差の要因は遺伝が50%、家庭環境が30%
おおた:『ルポ 無料塾』を書き終えたとき、まっさきに安藤さんとお話ししたいと思いました。無料塾の現場を取材して得た気づきをヒントにして、自分たちがどんな社会を目指すべきなのかをさらに考えるにあたって、行動遺伝学の知見が欠かせないと思ったからです。本では十分に深められなかったところを、今日は伺っていきたいと思います。
 
安藤:いくつかのご著書を拝見しました。教育現象について、私たちはかなり同じことを感じたり考えたりしているのではないかと思います。僕は現場を知りませんから抽象的に考えていたところに、おおたさんの具体的な言葉が乗ってきたという感じがして、すごく感銘を受けました。立場は違うのに、同じような結論といいますか、見方に達している。
 
おおた:一応おさらいをしておきますと、無料塾というのは、何らかの理由で一般的な塾に通えない子どもたちに対して勉強を教えるボランティア活動です。子ども食堂の勉強版だととらえればイメージしやすいと思います。
 
続きは↓
https://toyokeizai.net/articles/-/719452?page=2

 
 

Wikipediaから抜粋

親ガチャ
 
親ガチャ(おやガチャ)は、日本のインターネットスラング。生まれもった容姿や能力、家庭環境によって人生が大きく左右されるという認識に立ち、「生まれてくる子供は親を選べない」ことを、スマホゲームの「ガチャ」 に例えている。「親ガチャ」という言葉はベースで人生の結果が決まるというニュアンスが強いために、この言葉への反感もある。
 
親ガチャは当たりではなく、はずれと思っている子ども側から語られがちである。親ガチャには環境要因(育ち)だけではなく遺伝的要因(生まれ)についても言われることがある。特に子供側の観点から、自身の能力や環境に対する諦めや苛立ち、思い通りにうまくいかない原因を「ガチャに外れた」と例え、生まれた時点で「アタリかハズレは運次第である」という意味が込められている
 
2017年12月時点で親ガチャという言葉はネット上で知名度があったが、2021年9月[10]に若年層を中心に流行語となり、同年のユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに選出され、同年の大辞泉が選ぶ新語大賞では大賞となっている。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
逆に言うと50%は己自身やろ
名無しさん
医者の子供は成績いいもんな。
名無しさん
親が馬鹿だとどうしょうもないな
努力なんて無駄なことしなくてよかった
人生の半分以上は、生まれた家で決まるからな・・・
名無しさん
名無しさん
家庭環境が悪いなら遺伝も悪いから80%親ガチャだぞ
名無しさん
理3が100年分集めても安倍さんみたいな大王は、輩出できねえからなあ。
名無しさん
岸田の息子見てみろwww
親ガチャ成功したら学力なんていらない
じゃ兄弟の差は?
自分が知ってる範囲では上の子が進学校で
下の子は落ちこぼれの学校ってパターンが多すぎるんだがw
名無しさん
名無しさん
才能を認めず努力だって言う風潮やめろ
身長に差があるのと同じで脳にも差はあるから

名無しさん
50%って要は遺伝が影響なのかどうか
どちらとも言えないってことだよな
これよく発表する気になったわ

 

引用元

\\ X (旧Twitter)でバズッターニュースを //

    -社会
    -, , ,