政治

茂木幹事長10億円、二階氏は5年で50億円!使途公開不要「政策活動費」に批判集中「自民こそインボイス導入しろ」

茂木-二階
 


茂木幹事長10億円、二階氏は5年で50億円! 使途公開不要「政策活動費」に批判集中「自民こそインボイス導入しろ」

自民党の政治資金パーティーをめぐる事件で1月7日、池田佳隆衆院議員が逮捕された。2018年から2022年にかけて、所属していた安倍派から約4800万円のキックバックを受けていたにもかかわらず、収支報告書に記載しなかった疑いがもたれている。
 
池田容疑者はキックバックについて「政策活動費だと認識して受け取った」としているが、この「政策活動費」に注目が集まりつつある。
 
「政策活動費とは、政党から政治家個人に支出される政治資金です。このお金については使途の公表義務がないため、『抜け穴』『裏金の温床』とも指摘されてきました」(週刊誌記者)
 
1月13日の「朝日新聞デジタル」が、この政策活動費について報じている。その額は2022年の1年間で約16億4000万円で、そのうち14億1630万円が自民党だったとしている。
 
受取額がもっとも多かったのは、自民党の茂木敏充幹事長で、党から計9億7150万円を1年で受け取っていたというから驚きだ。
 
 また、二階俊博氏は、幹事長をつとめた約5年の間に約47億7000万円を受け取ったとしている。
 
これに対しSNSでは
 
《「使途報告する必要がない」この時点で政治資金規正法がクソ過ぎる》
 
《ほぼ自民党やん うちらってなんでこんな奴らに税金払わないといけないの?》
 
《自民党にこそインボイス制度を導入した方がいいんじゃないですか?》
 
など、憤りやあきれる声があふれている。
 
続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cc1cbccadaef2fccb0788e36833b11d8508815d

 

Wikipediaから茂木敏充の情報を抜粋

茂木 敏充(もてぎ としみつ、1955年〈昭和30年〉10月7日68歳)は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、自由民主党幹事長(第55代)、自由民主党栃木県支部連合会会長、平成研究会会長(第9代)。
 
外務大臣(第147代・第148代・第149代)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・経済再生担当大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣・第4次安倍第1次改造内閣)、全世代型社会保障改革担当大臣(第4次安倍第1次改造内閣)、人づくり革命担当大臣・社会保障・税一体改革担当大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)、経済産業大臣(第17代)、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構→原子力損害賠償・廃炉等支援機構)・産業競争力担当大臣・原子力経済被害担当大臣(第2次安倍内閣)、内閣府特命担当大臣(金融)・行政改革担当大臣・公務員制度改革担当大臣(福田康夫改造内閣)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、個人情報保護、科学技術政策)・情報通信技術(IT)政策担当大臣(第1次小泉第2次改造内閣・第2次小泉内閣)、外務副大臣(第1次小泉第1次改造内閣)、通商産業政務次官(小渕第2次改造内閣)、衆議院厚生労働委員長、自由民主党政務調査会長(第53・57代)、同日本経済再生本部長、同選挙対策委員長(第3代)、同日本経済再生本部事務総長、同広報本部長、同幹事長代理、同報道局長、同副幹事長などを歴任[7]。
 
 
■政治資金問題
2004年7月から2006年2月まで、後援会費としてライブドア元社長の堀江貴文から合計20万円の寄付を受けていた。茂木の事務所は「堀江被告が立件され、全額返還した」としている。
 
2003年と2005年の選挙運動費用収支報告書を、約3700万円減額する訂正をしている。茂木事務所は「選挙運動費用として予算化したが実際には使用せず、寄付もなかったため」と説明した。
 
2010年2月16日、前年の2009年に公開した資産補充報告書について、「なし」としていた株券を「2銘柄250株」と訂正し衆院事務局に届け出ている。
後援会総連合会で、2016年から3年間、使途不明金が出ており、全体の97パーセントを占め、額にして1億2千万円に上る事が政治資金収支報告書から2020年末に判明した。
 
 
■不祥事
年金未納問題
2004年第2次小泉内閣の特命担当大臣及びIT担当大臣在任中に年金の未納が発覚している。
 
セクハラ疑惑
主要16社の番記者のうち7名が女性であり、他と比べて非常に女性比率が高いことや女性に下ネタを言わせようとする、マジックついでに手を握る等といった女性番記者等に対するセクハラともとられかねない言動・行動が週刊新潮2016年9月29日号に掲載された。
 
 
■公職選挙法違反問題
地元の後援会幹部に財産上の価値を持つ有価物である衆議院手帖を無償配布したことが、公職選挙法が禁じる寄付行為に該当する可能性が高い旨の報道がされた。なお、衆議院手帖は憲法や国会法等が掲載された手帖で衆議院議員の持つ手帖と同一の仕様となっているもので、600円で市販されているものであり、松島みどりのうちわ配布問題を受けて、茂木の事務所がカレンダー配布をやめたのちも、配布が継続されていたとされる。
選挙区内の有権者に線香などを配布したとして、公職選挙法違反疑惑がかかり、2018年2月1日、秘書が少なくとも3年間配布した事実を認めたが、違法ではないと主張した。
 
出典:Wikipedia

 

Wikipediaから二階俊博の情報を抜粋

二階 俊博(にかい としひろ、1939年〈昭和14年〉2月17日84歳)は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(13期)、志帥会会長(第5代)、自由民主党和歌山県支部連合会長、自由民主党政務調査会観光立国調査会最高顧問、自由民主党国土強靭化推進本部長、自由民主党2025年大阪・関西万博推進本部長、全国旅行業協会会長、日中友好議員連盟会長。
 
経済産業大臣(第6・9・10代)、運輸大臣(第75・76代)、北海道開発庁長官(第69・70代)、運輸政務次官(第2次海部内閣・細川内閣)、和歌山県議会議員(2期)、衆議院予算委員長、衆議院郵政民営化特別委員長、衆議院建設常任委員長、自由民主党幹事長(第52・53代)、自由民主党国土強靭化総合調査会会長、自由民主党総務会長(第46・53代)、自由民主党国会対策委員長(第48代)、保守新党幹事長、保守党幹事長、保守党国会対策委員長、保守党選挙対策委員長、自由党国会対策委員長、新進党選挙対策局長などを歴任[1]。
 
 
■不祥事
西松建設事件
西松建設事件で準大手ゼネコンの西松建設から、同社のOBらを代表とした政治団体(「新政治問題研究会」「未来産業研究会」)を隠れ蓑に多額の政治献金を受けていた1人だったことが、2008年12月末に表面化した。
 
この疑惑に関連して西松建設関係者や民主党代表小沢一郎の公設第1秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕された後、二階にも同様の行為をおこなっている疑いがかかり、東京地検特捜部が二階の関連政治団体を捜査する方針を固めたことが報じられた。これに対し、二階は「調査を受けるいわれはない」「違法性はない」と反発している。
 
しかし、2009年6月の検察審査会で前西松建設社長が起訴相当、二階の政策秘書が不起訴不当となったことを受け、前西松建設社長が二階ルートでも起訴され有罪判決を受けた。政策秘書は再度不起訴となったが、西松建設の別ルートの資金提供問題に関して2009年12月に政策秘書が虚偽記載で略式起訴され、罰金100万円の判決が下された。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
政治家になると、こんなにもボロ儲け出来るのか!凄いわ。
だから、年老いて歩けなくなってまででも政治家を続けるんですね二階堂さん!
引退出来ませんね〜。
名無しさん
税金を払うのが馬鹿らしくなってくるな…
名無しさん
税金なんかアホらしくて。何がインボイスだ。こいつら全員ぶち込めや
クソだな、そんなに何に使うのよ、
もう一生分のお金使っただろうし、
はよ議員辞職してくださいね。
名無しさん
名無しさん
国会議員の存在って何?国民の代表?こんな事を平気な顔でやっている人達が代表?
名無しさん
国民の皆さん、税金なんて払うの辞めましょう!
これでハッキリしたじゃないですか
私達の税金が、どんな使い方をされているのかが
名無しさん
自民党って汚いよねぇ
二階は悪そうな顔だもんなー
名無しさん
名無しさん
10億?50億?
能登地震被災者に全額寄付!
20万まで無利子で貸すっていってましたが。
やることなすこと最低ですな、人間か?

名無しさん
何がインボイスだ!ふざけんな!登録事業所だけどこっちが大変なだけでフリーランスは、今まで通りやってる感じ インボイスは、廃止だ!

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -政治
    -,