事件/事故

【訃報】『セクシー田中さん』原作・芦原妃名子氏(50)死去…自殺と見られる

芦原妃名子
 


漫画家・芦原妃名子さんが死亡 「セクシー田中さん」など連載

マンガ雑誌で連載中の 「セクシー田中さん」などで知られる漫画家の芦原妃名子 さんが28日から行方不明になり
29日、 栃木県内で死亡しているのが見つかりま した。自殺とみられています。
 
捜査関係者によりますと28日午後、漫画 家の芦原妃名子さん、本名・松本律子さ んの関係者から行方不明者届が出され、 警視庁が行方を捜していましたが29 日栃木県内で芦原さんが死亡しているのが見つかったということです。
遺書の ようなものも見つかっていて、現場の状 況などから自殺とみられています。
 
芦原さんの作品はたびたびテレビドラマ化され、現在、マンガ雑誌で連載中の「セクシー田中さん」 は去年10月から日 本テレビ系列でドラマ化されていまし た。
 
先週26日(金) には、芦原さんは自身の SNSでドラマの9話 10話の脚本を自ら担 当した経緯を明かしていましたが、28日になって
経緯のコメントを削除し「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」というコメントだけを残していました。
 
続きは日テレNEWS 2024/01/29
https://news.ntv.co.jp/category/society/db5843e3eeda46508816434bc2383ed1
 

 

「セクシー田中さん」など連載】漫画家・芦原妃名子さんが死亡

 

Wikipediaから芦原妃名子の情報を抜粋

芦原 妃名子(あしはら ひなこ、1974年1月25日-2024年1月29日50歳)は、日本の漫画家。女性。兵庫県出身。東京都在住。血液型O型。
 
『別冊少女コミック』(小学館)1994年10月号に掲載された「その話おことわりします」でデビューした。
 
2005年、「砂時計」で第50回(平成16年度)小学館漫画賞少女向け部門を受賞、単行本発行部数が累計700万部を超えた。
2007年には、同作品がTBS系「愛の劇場」枠でテレビドラマ化され、2008年4月26日には、キャストを一新させて東宝系で映画が公開された。
 
2012年10月、日本テレビにて中山優馬主演で「Piece」がテレビドラマ化された。
 
2013年、「Piece」で2度目となる小学館漫画賞を受賞する。同作の連載終了後、『Cocohana』(集英社)2013年11月号より「Bread & Butter」の連載を開始。
 
2024年1月26日には、自身のSNSでドラマ『セクシー田中さん』の9話・10話の脚本を自ら担当した経緯を明かしていたが、28日にその投稿を削除し、謝罪のコメントを残していた。同日から行方不明になり、29日に栃木県日光市の川治ダムで死亡しているのが発見された。50歳没。遺書のようなものも発見されており、現場の状況などから、自殺とみられている。
 
出典:Wikipedia

 

芦原妃名子さん、「セクシー田中さん」ドラマ脚本巡り苦悩 Xに「大切なシーン、カット」

29日に死去が明らかになった漫画家の芦原妃名子(本名・松本律子)さん(50)は、日本テレビ系で昨年10月クールに放送された連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で、今月に入り、ドラマの脚本を巡ってトラブルになっていたことをX(旧ツイッター)で明かしていた。
 
「毎回、漫画を大きく改編した脚本提出された」
芦原さんは今月26日、自身のXで、「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」と説明。経緯を長文でつづっていた。
 
それによると、芦原さんは原作漫画は未完であり、結末も定めていないことから「必ず漫画に忠実に」、ドラマオリジナルとなる終盤については「原作者があらすじからセリフまで」用意することも条件とし、「場合によっては、原作者が脚本を執筆する可能性もある」と制作側に求めた。
 
しかし、「毎回、漫画を大きく改編したプロットや脚本が提出されていた」とし、「漫画で敢えてセオリーを外して描いた展開を、よくある王道の展開に変えられてしまう」「個性の強い各キャラクターは原作から大きくかけ離れた別人のようなキャラクターに変更される」などと指摘。「私が『セクシー田中さん』という作品の核として大切に描いたシーンは、大幅にカットや削除され、まともに描かれておらず、その理由を伺っても、納得のいくお返事はいただけない」などと振り返っていた。
 
続きは↓
https://www.sankei.com/article/20240129-YFPRSB6D4RGZ5E3Z4FHMF42NYY/

 

日本テレビコメント

芦原妃名子さんの訃報に接し、
哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。
2023年10月期の日曜ドラマ「セクシー田中さん」につきまして
日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら
脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。
本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております。
 
日テレ

 
 

ネット民の反応

名無しさん
日テレの対応次第では全ての漫画家を敵に回すことになる
名無しさん
自分でオリジナル作れる人だけ脚本家を名乗り、
原作を改変する人は改変家を名乗って分けたほうが良い
 
「原作を改変しない」契約を破られ更に集団で見下され…
原作者が書いた9・10の脚本も無視され…
 
脚本家
名無しさん
日テレニュースZERO、どこまで原作者の尊厳を踏みにじるんだろう
本来トップニュース扱いだろ
信じられないわ
いやー流石に日テレヤバすぎだろ
あれで謝罪のつもり?終わってるよこのTV局
名無しさん
名無しさん
● 3分でわかるまとめ●
・原作者はドラマ化にあたって「必ず原作漫画に忠実に描く。忠実でない場合は原作者が加筆修正をする」などの条件を出した
 
・ドラマ化の条件について何度も確認し日テレに了承を取ったが、フタを開けると漫画を大きく改編したプロットや脚本が提出された
 
・作品の核として大切に描いたシーンがカットされ、理由を尋ねても納得のいく返事がなかった
 
・ドラマ終了まで脚本家とは一度も会えず、監督や演出などの制作スタッフともドラマ内容について直接話す機会がなかった
 
・7話までは原作者がなんとか自分で脚本を加筆修正できたが8話は修正できなかった
 
・一向に条件が守られないため、9話10話は原作者が脚本を書くことにしたが、脚本家としては素人だったせいで視聴者の評価はイマイチ
 
・脚本家がインスタに「(不評の)9話10話を書いたのは私ではなく原作者。同じことが二度と繰り返されませんように」 などと投稿
 
・原作者がブログで反論、内部情報を告発、賛否両論で炎上。一部からは叩かれる
 
・原作者「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」 一連の投稿を削除
名無しさん
脚本家を責めないでという声も有るけどあれがあんな事書かなきゃこの問題ここまでになってないんだよなぁ
名無しさん
今年一胸糞悪いニュースだわ
日テレはもう見ません、さようなら
原作者さん細やかなキャラクター描写ながら地に足の付いた作風だったんだよね…
優しくて気のつく人だったとは感じるけど
元々メンタル弱い人とかじゃないと思う
何度も交渉してその度に裏切られて直し作業と並行して本業の漫画描いて…
かなり疲弊してたとこにトドメだったんだろうな
名無しさん
名無しさん
昨日の午後1時にこのツイートして、それで同じ日にはもう関係者から行方不明届が出されてたって、もうこのときには関係者に「今から死にます」みたいな連絡してたんかな
あまりにもスピード感バグりすぎ
 
ポスト
名無しさん
相沢に同調した篠崎絵里子(脚本家)のインスタ絶賛炎上中
 
炎上-1
炎上-2
名無しさん
そりゃあ漫画原作作った生みの親が、まだ漫画も終わってないのに約束破られまくって、ドラマ最後2話の脚本なれない仕事で書かされて(しかも忙しい漫画執筆の合間に)、
その2話が脚本家やそのファンに馬鹿にされて、「脚本家さんの映像の方がよかったですぅ~(はーと)」とか書いてあったら、
 
「もうええわいや!!ほな○んだるわ!勝手にやっとけやアホたれ!!」
 
ってなるだろ
非難された側が追い詰められてというのはまだわかるけど
訴えた側が亡くなるって珍しいよな
つらい話だね
名無しさん
名無しさん
脚本家は置いといて
ちゃんと契約通りに進めたいうなら
芦原さんの最後の叫びになってしまった
脚本制作の経緯について制作陣サイドからの釈明は必要やろ
名無しさん
TBSもトラブルがあったと報道するなら両方の言い分を流すべきだろう
日テレの言ってることだけを流すとかもう終わってる
この国ほんと終わってるよ
マスコミに国がつぶされる
名無しさん
この作者に対して叩きやってた奴らの中に日テレの関係者が居た可能性もあるしちゃんと開示して調べた方がいい案件
脚本家が実質的に犯人なんだから
これで批判されないのはおかしすぎる
表に出て謝罪すべき
名無しさん
名無しさん
これに懲りたらクソみたいな原作改変はやめるんだな
原作に対するリスペクトがなさすぎ

名無しさん
原作無視って普通に著作権違反でしょ
どういう契約しててんだろ
脚本家も知りませんでしたでは済まないんじゃないか

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -事件/事故
    -, ,