芸能/エンタメ

日本テレビの漫画原作の「改変」は「セクシー田中さん」だけではなく…「DEATH NOTE」なども

日テレ改変
 


日本テレビの漫画原作の「改変」は「セクシー田中さん」だけではなく…「DEATH NOTE」「極主夫道」「有閑倶楽部」なども

https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59
 
突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。
 
芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。
 
日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。
2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。
原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。
 
人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。
だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。
 
2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。
 
漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。
 
今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

 

芦原妃名子さん死去、「セクシー田中さん」脚本めぐり…TV局の傲慢と原作者“軽視”また浮き彫り

1/30(火) 日刊ゲンダイ
 
人気連載中の漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者で、漫画家の芦原妃名子(あしはらひなこ=本名・松本律子)さんが29日、亡くなった。50歳だった。現場の状況から自殺とみられている。
 
芦原さんの削除された投稿には、ドラマ化にあたって小学館を通して日テレ側に伝えた「必ず漫画に忠実にする」という約束が守られず、「毎回、漫画を大きく改編したプロットや脚本が提出されていました」と書かれていた。これには複数の放送作家や著名人から、テレビ局プロデューサーらの「テレビに出してやる」という傲慢さがあること、原作者を含む外部スタッフへのリスペクトに欠ける態度が指摘されていた。
 
実際、同局で2008年ドラマ化された「おせん」も放送開始後、同作の漫画誌での連載が一時休載。原作者のきくち正太氏は、ドラマについて、漫画家にとって子供のような作品を嫁に出して「幸せになれるものと思っていたら、それが実は身売りだった」と雑誌のコラムで明かしている。
 
 1997年にフジテレビ系で放送されたドラマ「いいひと。」の原作者・高橋しん氏もドラマ化の条件が改変されて、原作ファンに切ない思いをさせたことに責任をとって連載終了に至ったと、単行本最終巻のあとがきに綴っている。
 
また、フジテレビで映画化とドラマ化した「海猿」の作者・佐藤秀峰氏が2012年に自身のSNSで、同局のスタッフがアポなしで取材に訪れたり、「海猿」の関連書籍を契約書なく販売していたことなどをあげて、絶縁宣言していた。その後、和解したが、17年の契約終了時に「今後、テレビやネットで放送、配信されることは永久にありません」と報告。テレビ局の実写化トラブルは、数十年前から問題になっていた。
 
続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/b805337ef0012a08f6a02a3d27a2a843efb02d28

 
 

ネット民の反応

名無しさん
改変することが悪いことではないぞ ちゃんと原作者と話が通ってるかどうかな
名無しさん
むしろ原作に忠実な実写化ってあったか?
名無しさん
脚本家って必要なのか?
デスノート改変してたか?
でもドラマ版デスノも絶賛されてたじゃん
名無しさん
名無しさん
極主夫道は主役良かったのに
脚本とプロットが糞だった
もちろん一話切り
名無しさん
①鹿男あをによし
元々のバディ関係を恋愛関係に変更
 
②ミステリと言う勿れ
原作にない恋愛要素の追加やキャラクターの性格変更
 
③ ビブリア古書堂の事件手帖
原作の重要な要素やキャラクターの性格が大きく変更された(黒髪ロングヘアー美女の主人公がなぜか剛力彩芽)
 
④ さんかく窓の外側は夜
キャラの性格が変更され、作品の雰囲気が変わってしまった
 
⑤ 重力ピエロ (映画)
春と泉水の両親のエピソードが改変された
 
⑥プリンセストミ (映画)
主人公の男性が女性(綾瀬はるか)に変更
名無しさん
スラムダンクみたいに原作者自ら改変して映画化すれば皆幸せなんだよな
ちな去年の邦画一位な
前科多数www
原作者を札束で引っぱたいて
ナメてたんだろうなあ
名無しさん
名無しさん
怪物くんのドラマも日本テレビだったっけ?あれも改変あったよね~
名無しさん
今のサザエさんとか、
長谷川町子が視たら激怒じゃすまないだろう。
名無しさん
海猿は原作者がキレたんじゃなかったっけ
改変しちゃいかんのか?
そもそも尺が違う漫画をドラマや映画にそのまま落としこめる訳ないし
 
今回の改変とやらが、ドラマに落としこむ上で度を越えたものだったかどうか分からん以上、外野に何も言えんわ
 
ただ脚本家のインスタは悪意だらけで擁護はできん
名無しさん
名無しさん
改変して自分の手柄にしたいんやろな、制作側は
名無しさん
脚本家は小説家にも映画監督にも漫画家にも何者にもなれなかったポンコツの掃き溜め
自分で何も生み出せないのに、原作改変して足跡残して自分の色出したがる
名無しさん
改変で視聴者の評判がどうであっても、原作者が納得しててそれなら別の話だわ
問題は
 
コケの責任を
 
原作のせいにして
 
叩いた脚本家と
 
それを放置したプロデューサー
名無しさん
名無しさん
作者が筆を折るって言い出すくらいのクラッシャープロデューサーだから
漫画家馬鹿にしすぎ

名無しさん
脚本家という二次創作
コミケでは許されてもおカネ取る実社会でそれはアカンやろ

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -芸能/エンタメ
    -, ,