芸能/エンタメ

【能登半島地震】TOBEタレントの炊き出しが迷惑系YouTuber扱いされる

滝沢秀明
 


能登地震】滝沢社長の行動力が裏目に?SNSで「TOBEタレント」が震災で売名する迷惑系YouTuber扱い

元ジャニーズ事務所副社長(現『SMILE-UP.』)の滝沢秀明氏が立ち上げ、続々と“元ジャニ”が移籍している事務所「TOBE」。
今年1月1日、石川県・能登地方を震源とする地震が発生した後、TOBEの所属タレントらが避難所となっている輪島市立輪島中学校を訪れ、炊き出しを行っていたことが一部メディアで報じられた。地元民からは感謝の声が聞こえる中、SNS上では懐疑的な意見も上がっている状況だ。
 
輪島市立輪島中学校に避難したという70代の女性は、NEWSポストセブンの取材班に対して、炊き出しの車は4日の昼頃に来たと説明。
TOBEの一同はカレーとハンバーグを振る舞ってくれたといい、「カレーはトマトの風味がする本格派の味でした。手作りなんじゃないかな? 少し辛かったのですが、神宮寺さんが『辛いものが苦手な人はハンバーグだけでも召し上がってください』とアナウンスしていた」(原文ママ、以下同)そうだ。
 
約800人が味わい、TOBEのタレントたちは避難所に集まっていた人々とツーショット写真の撮影に応じていたとか。さらに同中学校の40代男性教員は、彼らが5日におしるこを提供していたとも証言。おしるこのお餅について、「こんなに大きいとお年寄りは喉に詰まらせるかもしれない」とアドバイスしたところ、神宮寺は「なるほど、教えてくださってありがとうございます」とお礼の言葉述べた上で、小さく刻んでいたという。
 
地元紙・北陸中日新聞(6日付)も輪島での炊き出しについて報じており、記事内では避難所で過ごす26歳の女性が「気持ちが暗かったが、こうやって来てくれて元気になった。避難するみんなの表情もうれしそう」と語っていた。SNS上でも
 
〈輪島中学校に滝沢さん、神宮寺さん、三宅さんなどが来て、炊き出しや片付け作業をしてくださった。神宮寺さんとは写真を撮らせてもらって、カッコ良かった。カレーもいただいて、とても元気をもらえた!〉
〈イケメンがいっぱい来てるなぁって思ったけどマスクをしていたから顔がわからなかった。カレーはスパイスがきいていて美味かった〉
 
と、炊き出しの現場にいたとみられる人々の書き込みがチラホラ上がっている。しかし一方で、TOBE側が炊き出しを行った経緯に関しては詳細が判明していなかったため、このタイミングでの現地入りに批判が噴出してしまった。
 
「炊き出しで提供したというカレーやおしるこのお餅に関して、厳しい指摘も。書き込んでいるのはTOBEのアンチがほとんどですが、『被災地に辛いカレーや大きなお餅を持って行くのは適してないって、誰も気付かなかったのかな』『TOBE炊き出しのメニュー、少し辛いと感じるカレーや喉に詰まらせる危険性のあるお餅入りのおしるこって……。やっていることが“迷惑系YouTuber”と変わらないじゃん』と、非難していました」(芸能ライター)
 
そんな中、8日にはTOBEの公式X(旧ツイッター)がボランティア活動について報告。
 
「あるひとつの連絡をきっかけに石川県で孤立したご家族がいる事が分かりました。携帯の電源残量が僅かで、電波も途切れ途切れの中、瞬間的に連絡をする事が出来たそうです。細かい情報があった為、まず関係各所にご連絡をさせて頂き、私たちが直接現地に行く事をご相談し、承諾を頂きました。その後、私たちが長年のボランティア活動で得た知識を元に、準備できる最大物資を集め、作業道具をトラックに乗せ、1月3日夜に石川県輪島市を目指し、1月6日に帰京しております」
 
などと記しており、現地での活動内容にも触れていた。
 
「TOBEのコメントには曖昧な部分も多かっただけに、『「石川県で孤立した」と知って、なぜ芸能事務所のTOBEが現地に出向くのか意味がわからない』『長年のボランティア活動で得た知識が辛いカレーとお餅入りのおしるこってなんでだよ』『若いタレントはボランティア経験があるの? 社会科見学じゃないんだよ』とツッコミの声が殺到してしまいました」(同)
 
とはいえ前述の通り、現地の人々は感激しているほか
 
〈TOBEチーム、危険な中で本当にありがとう。心から感謝する〉
〈被災者なら、温かい食事が食べられることのありがたさはわかると思う。何でも批判すればいいものじゃない〉
 
と、滝沢社長らの行動力を称賛している人々も多かったようだ。しかし、SNSでのツッコミの通り、勢いで現地に向かったというのも事実だろう。
 
迷惑系YouTuberとは違い、すでに十分な知名度のある彼らには震災で売名行為をしなければいけない理由はないはずだ。震災を売名行為に利用する迷惑系YouTuberと同じレッテルを貼られないように、注意すべきだったかもしれない。
 
https://friday.kodansha.co.jp/article/355134

 

被災者たちは二の次…「売名目的」で被災地入りする芸能人と追っかけるファンたちの「身勝手すぎる振る舞い」

1/19(金) 現代ビジネス
 
甚大な被害を出した能登半島地震から2週間が経った。特に被害の大きかった石川県の輪島市や珠洲市など複数の市町では、いまだにライフラインへの影響が続く。復旧のめどが立っていない地域もある。被災地を目指す個人ボランティアの姿も目立ち始め、芸能人の姿も。
 
だが、防災に詳しいジャーナリストは、「芸能人の被災地訪問は待ってほしい」と警鐘を鳴らす。
 
「TOBE」や山本太郎も被災地入り
 
自衛隊や消防などによる懸命な救助活動がいまもなお続いている。余震が相次ぎ、一部の地域はライフライン復旧のめどが経っておらず、避難生活を続けている人の中にも疲れが目立つ。
 
テレビやインターネットを通して、目を覆いたくなるような惨状や、極寒の雪国で避難生活を強いられる人たちの苦しさが次々に伝えられれば、「私も何かしたい」との使命感に駆られる人もいるだろう。
 
その中には芸能人や政治家らもいるだろう。すでに複数の著名人が被災地に赴き、支援活動を行っていることが報じられている。
 
「芸能人ら著名人の被災地での支援活動は今、まだそのタイミングではありません。本当にお忍びで来ない限り、『●●に●●がきている』と広まってしまえば、そこにファンらが多く集まり、現場が混乱します。SNS全盛の今の時代、どこに誰が来たかはすぐにわかってしまいます」
 
そう指摘するのは、阪神大震災で被災、東日本大震災など災害被災地で支援活動を続けてきたジャーナリストの林美喜子氏。
 
すでに滝沢秀明(41歳)が昨年に設立した「TOBE」が被災地を訪問、物資を配り、炊き出しをするなど、支援活動をしたことを報告している。地元紙によると、1月5日に滝沢のほか、神宮寺勇太、三宅健も避難所の中学校を訪れたという。
 
続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/7bf684afb6435921d80efa36d47001b119f1e70e

 
 

ネット民の反応

名無しさん
どんなことにでもケチをつける輩がいるんだな
名無しさん
滝沢事務所は個人より早く募集されてた企業の災害支援で行ってる
名無しさん
タレントにとって震災は一大イベントだからな
別にこれくらいよくね
有名人てこういう時に活動するために高給なんだろ
名無しさん
名無しさん
石川は1/5から企業ボランティアは募集してた
滝沢事務所は個人じゃなく企業として炊き出しを申し込んで、石川県が輪島中学校へと振り分けた
何か文句つけるところある?
名無しさん
経験があるなら避難してる人だけでなくまだ助けを待つ人を救助することにも想いを馳せるべきだったな
名無しさん
炊き出しする物資持っていくのは明確な支援に繋がったんだから非難することはないと思うけど
地元の人が「元キンプリの…」とツイートしてるのを見てファンが何故かキレてたのは覚えてる
名無しさん
名無しさん
実際に食べた約800人中1人が「ちょっと辛かったけど(その後は肯定的な意見)」と言っただけで
被災者全員が食べられないくらいの激辛カレーを振る舞ったと超過大解釈して叩きまくってたジャニヲタ

名無しさん
ジャニオタが騒いでるだけだろ?
現地の人が喜んでるなら良いだろ

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -芸能/エンタメ
    -, ,