芸能/エンタメ

仏紙が斬る「松本人志問題」をなかなか認められない日本のテレビ局

松本人志
 


仏紙が斬る「松本人志問題」をなかなか認められない日本のテレビ局

1/24(水) 15:40配信
クーリエ・ジャポン
 
昨年末から始まった、一連の「松本人志による性加害疑惑」報道。毎週新たな証言や写真を掲載するなど、週刊文春の勢いは収まる気配がない。いっぽうで、人気タレントの性的スキャンダルに対する、日本の大手テレビ局の反応は「鈍い」ものだったと指摘するのは、仏高級紙「ル・モンド」だ。
 
同紙は1ヵ月にわたる文春の報道内容を詳細に伝えながら、民放各局で人気番組の司会を務め、Amazonプライム・ビデオにも看板番組を持つ松本の活躍ぶりを説明する。そのうえで「暴行疑惑がメディアに取り上げられたとき、(各局の)態度は遠慮がちなものだった。番組の出演者も松本を擁護する向きがあった」と指摘。
 
12月29日に放送されたフジテレビの番組内では、松本と同じ吉本興業所属のタレントらが「真相が明らかになるまでコメントはできない」などと語るなか、唯一、同事務所に所属していない指原莉乃だけが、被害を訴えた女性らを擁護し、彼女らを非難することは「一種のセカンドレ●プ」だと反論したと報じる。
 
また、海外でも大きく報道された旧ジャニーズ事務所における性加害事件も引き合いに出しながら、「東京海上日動やJALといった広告パートナーがジャニーズ事務所のタレントとの契約を解消するなか、テレビ局は同社のタレントの起用を続けている」ことや、薬物所持で逮捕された有名人はすぐに「抹消」するにもかかわらず、性的スキャンダルには「長い間沈黙を保つ」、日本の放送局の態度に疑問を呈した。
 
この記事に対しては、ル・モンド読者からも「要するにフランスと同じってことね」、「(複数の性的暴行疑惑のある、俳優ジェラール・)ドパルデューをおいといて日本を指摘するとは……」などとフェイスブック上でコメントが寄せられた。
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/1fb3a95df7c562003bdb0c60caf634b405d90d7e

 

Wikipediaからル・モンドの情報を抜粋

ル・モンド(仏:Le Monde)は、フランスの新聞(夕刊紙)。紙名はフランス語で「世界」を意味する。判型はベルリナー判。発行部数は約29万2054部(2015年)。

 
 

ネット民の反応

名無しさん
フランスでは暴動でパトカー燃やされてるのに
名無しさん
もうアカン!外圧や!
名無しさん
テレビ局も潰さないとな
世界のメディアさん頑張って!
名無しさん
名無しさん
ジャニーズで学習できたはずなのに
BBCのデジャブとか恥以外の何物でもねーからなこれ
名無しさん
もう芸人中心の番組編成止めりゃいいのに。
 
ネット動画の垂れ流しに芸人のコメントなんているのか?
名無しさん
フランスには言われたくない
芸人コメンテーターは悪でしかないな
これをきっかけに追放するべき
名無しさん
名無しさん
仏ならまだ平気
日本は相手にしない
やはり米英の参戦次第

名無しさん
日本のマスゴミは腐ってますから。
 
ジャニーズに忖度
吉本に忖度
財務省に忖度

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -芸能/エンタメ
    -, ,