芸能/エンタメ

太田光「休んだときの代役セレクト指示書、書いてなかった」松本人志活動休止で各局大混乱報道

太田光
 


太田光「休んだときの代役セレクト指示書、書いてなかった」松本人志活動休止で各局大混乱報道

1/21(日) 21:19配信
日刊スポーツ
 
爆笑問題太田光(58)が21日、MCを務めるTBSテレビ系「サンデージャポン」(日曜午前9時54分)に出演。ダウンタウン松本人志(60)について報じられている問題で、テレビ放送各局で松本の代役起用が問題化していることについて語った。
 
太田は「え~、まあ、各局大混乱ということでね。自分が休んだときに誰が代役するか、っていうセレクト指示書を書いてなかった」とちょっと後悔したようなフリをすると、相方で同じくMCの田中裕二(59)は「そんな指示書はない」とたしなめた。さらに太田は「それ(指示書)がないと各局動けない」と食い下がると、田中は「いやいや、それはないですよね」とさらっと流した。
 
松本は「週刊文春」で15年の一般女性への性的行為強要疑惑が報じられ、裁判に注力するため活動休止を表明した。文春では3週連続で松本に関する記事を掲載している。
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/a66413e9bbe080086cd9da80c5a2becb532249c6

 

Wikipediaから太田光の情報を抜粋

太田 光(おおた ひかり、1965年〈昭和40年〉5月13日58歳)は、日本の漫才師、お笑いタレント、司会者、作詞家、文筆家、川柳作家。田中裕二との漫才コンビ・爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県入間郡福岡町(上福岡市を経て、現・ふじみ野市)出身。タイタン所属。
 
1988年に田中裕二とのお笑いコンビ「爆笑問題」のメンバーとしてデビュー。荒唐無稽且つ過激なボケや政治・哲学的な言動で注目を集める。漫才のネタ作りを担当している他、コントや小説の執筆、作詞や川柳の作成及びイラストの作成などのセンスも評価されている。
 
1990年9月26日、当時同じ事務所(太田プロダクション)だった元芸人でタレントの松永光代(現在のタイタン社長・太田光代)と結婚。太田の一目惚れだった。恐妻家であり、豪快な妻との奇妙な結婚生活はエピソードに事欠かない。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
もう楽しくて楽しくてしょーがねえって感じだなw
名無しさん
代役立てるのかねやる方もイメージダウンするけど
名無しさん
太田に女性スキャンダルはありえないから無敵だな
他の芸人がいじらないから太田の独壇場だな
名無しさん
名無しさん
松本にパイプ椅子で殴られた過去のある太田としては、松本イジリは楽しくて仕方ないだろうからな
名無しさん
「事実無根なんで闘いまーす」「とうとう出たな」なんかをどうやって使おうか考えてるだろなw
 
松本人志、太田光にエサ与えすぎw
名無しさん
30年越しに立場逆転とか、まるで小説を読んでるみたい
でも太田光のレギュラー番組は増えないw
名無しさん
名無しさん
面白いやないかw

名無しさん
松本にパイプ椅子で殴られた時の診断書、今こそ出す時期なんじゃないの?って思うけどな

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -芸能/エンタメ
    -,