芸能/エンタメ

内田恭子アナ、「松本人志」活動休止について発言するも批判殺到

内田恭子
 


内田恭子アナ、「松本人志」活動休止について発言するも批判殺到「二次加害っぽい」「今の段階でこの発言はマズイ」

内田恭子アナ、「松本人志」活動休止について発言するも批判殺到「二次加害っぽい」「今の段階でこの発言はマズイ」
 
1月10日に放送された情報番組『ゴゴスマ~GO GO!Smile!~』(TBS系)に、元フジテレビアナンサーの内田恭子が出演、『週刊文春』が報じた「ダウンタウン」松本人志の性的行為強要疑惑について言及した。
 
番組では、松本人志が芸能活動を休止し、法廷闘争も辞さない姿勢を示していることや、ダウンタウンがアンバサダーを務める大阪万博への影響などについて紹介。
また、この日発売の『週刊文春』が新たに女性3人の証言を掲載していることも伝えた。
 
意見を求められた内田アナは、「松本さん側、文春側が言っていることが正反対なので、裁判で見守っていくしかないと思うんですけれども」と前置きしたうえで、「一般論として、今回これが出たことによって、考える一個のきっかけとなったのは――」と切り出す。
 
「日本において男性優位な社会というのはまだまだ存在すると思うんです。そんななかで、女性が望まない結果に陥ってしまうシチュエーションというのはたくさんあって、泣き寝入りしている女性もたくさんいると思うんですね。
 
なので、女性もそういった社会のなかで、自分にとって望まないことがあったらしっかり断るとか、そこで断れなかったらいざとなったら逃げる勇気とか強さというのを、学んでいかないといけない。
 
一方で、相手が望まない行為をするということは、犯罪にもつながるという認識をしっかり教育していかなければならないと、すごく感じました」
 
この発言に対して、「X」(旧Twitter)では、《忖度せず真っ当な意見》との評価もあったが、批判も多数見られた。
 
《この意見、二次加害っぽくない?女性側に心構えを説くのはなぜ》
 
《この発言は全ての性暴力被害者に対する二次加害。専門家に語らせるべき。何か起こったら取り返しがつかない。》
 
と、被害女性への「二次加害」とする意見に加え、
 
《#内田恭子アナウンサーって【男性優位な社会を利用してのし上がった典型例】というのが私の理解でしたが、どういう気持ちでこんな発言をしているのでしょうか。》
 
《本件は松本優位であって、そこから男性優位に結びつけるのは屁理屈すぎると思うよ》
 
との意見も。一方、吉本興業が今回の報道に対し、《当該事実は一切なく》と全否定しているにもかかわらず、まるで文春報道を追認しているようだと受け取った取った視聴者もいるようだ。「X」にも、
 
《今の段階でこの発言はマズイだろ》
 
などの意見が寄せられていた。
 
「1999年にフジテレビに入社した内田恭子さんは、エースアナだった2006年1月、以前から噂のあった吉本興業社員との婚約を発表、3月にフジテレビを退社、7月に結婚しました。
 
実は、お相手の木本公敏氏は、ダウンタウン・浜田雅功の元マネージャーです。当時は、女子アナと普通のサラリーマンとの結婚ということで、『収入格差婚』とも言われました。
 
ところが、その後、木本さんは『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』の執行役員となり、吉本本体の本部長も務めるなど、将来の社長候補にも名前があがる存在となりました」(芸能記者)
 
「一般論」とはいえ、吉本興業の幹部の妻という立場で松本人志のことを語るのは、やや迂闊だったかもしれない。
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/238a1c1ba2b4480a69133eff9e55719010dd5973

 

Wikipediaから内田恭子の情報を抜粋

内田 恭子(うちだ きょうこ、1976年(昭和51年)6月9日47歳)は日本のフリーアナウンサーで、元フジテレビアナウンサー。神奈川県横浜市港北区出身。身長は163cm。
 
父親の赴任先である西ドイツ・デュッセルドルフで生まれる。「杏子」と命名する意向だったが「杏」が当時人名用漢字に無く已む無く「恭子」と命名。2歳で日本に神奈川県横浜市港北区へ帰国した事も有りドイツ語を全く話せない。兄がいる。
 
シカゴ双葉会日本語学校(補習校)の同期にはTBSテレビの豊田綾乃・元日本テレビの小野寺麻衣がいる。 1999年、フジテレビに入社。同期アナウンサーは大橋マキと長谷川豊。『プロ野球ニュース』の終了および先輩アナの荒瀬詩織、宇田麻衣子、同期の大橋の退社に伴い、2001年4月から5年間同局のスポーツ番組『感動ファクトリー・すぽると!』のキャスターを務める。
 
また、入社当初はフィールドキャスターも務め、報道の分野で経験を積んだ。
 
同局の看板アナウンサーとして活躍したが、2003年春から交際中の吉本興業社員で浜田雅功(ダウンタウン)の元マネージャー木本公敏と2006年1月10日に婚約し同年3月31日に同社を退社、7月に結婚。その後はフリーとして活動している。2010年4月12日に第1子となる男児を出産、2012年8月には、第2子の妊娠を自身のブログで報告し、同年11月26日放送の情報番組『渋谷LIVE! ザ・プライムショー』の生放送をもって2013年3月までの予定で産休に入り、同年1月10日、男児を出産したことを自身のブログで報告した。
 
この産休からの復帰後は、従来通りフリーアナウンサーとしてテレビなどでの司会・ナレーターを行うとともに、2014年にはNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に出演(後述)。内田にとっては2度目の女優業、かつ初の時代劇出演となった。
 
2023年、東京を中心に認可保育園を運営する「KIDS SMILE HOLDINGS」社外取締役に就任。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
なんでこれが叩かれてる的な記事になるんや
ただの少数意見を取り沙汰したらどうともとれるやんけ
名無しさん
今となっては吉本側の人か
名無しさん
この自己責任論が正に一個前の価値観なんだよな
男性優位社会でうまく強者男性に取り入った女の典型みたいな考え
これは問題ない発言だと思う。
男の問題、女の問題、両方を言っているのだから公平。
男だけ気をつければいいとか、女だけ気をつければいい、という話ではない。
名無しさん
名無しさん
これをおかしいと思わないバカが多いことに驚く
やはり松本人志は害悪だな
名無しさん
旦那がヲシモトの人なのに
この件について発言させたらだめじゃない?
視聴者を松本人志サイドに引き入れる策じゃないの?コレ?
名無しさん
現実に起こったとされるひとつの性的被害の案件と
事故防衛の必要性は全く別の話なのに
日本人は論理的思考とか問題の切り分けが本当に苦手だから
こんな意味不明な発言が出てくるんだよ
女性達はもっと怒った方がいいぞ。完全に性の搾取だから。
吉本興業とホリプロコムの前でデモでもしな。
名無しさん
名無しさん
犯罪を犯さない、巻き込まれない様に気を付けよう
って言ってるだけじゃ

名無しさん
これは吉本興業の
岡本社長
藤原副社長
木本取締役(内田恭子のダンナ)

意見を代弁してんだろうな
 
男のところにいく女が
悪いっていうw

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -芸能/エンタメ
    -,