芸能/エンタメ

羽生結弦さん、自身をめぐる報道へコメント「想像や嘘だけで記事になってびっくり」

羽生結弦
 


 

羽生結弦さん、自身をめぐる報道へコメント「“想像”や“嘘だけ”で記事になってびっくり すごいですね」

https://encount.press/archives/561241/
12/26(火)
 
プロフィギュアスケーターで五輪2大会連続金メダリストの羽生結弦さんが26日、公式Xとインスタグラムを更新。自身をめぐる報道へコメントした。
 
羽生さんは、11月17日深夜に離婚を発表。8月4日の結婚発表後わずか3か月あまりの出来事は世間の注目を集めた。
 
離婚発表時には、誹謗(ひぼう)中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道をされたとし、「これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」と理由を説明していた。
 
離婚後も羽生さんをめぐるさまざまな報道がされているが、26日には「酷い“妄想”とか、“想像”や“嘘だけ”で記事になっててびっくりします すごいですね」と笑顔の絵文字を添えて投稿。さらに、「訴訟して勝ってもなにも良いことないのでしませんが」とまたも笑顔の絵文字を添えた。
 
続けて、「ファンの皆さん、いつもありがとうございます! これからもこちらやYouTube等でたくさん発信していけるように頑張ります! 本当に、本当に、本当に、応援してくださりありがとうございます!涙 羽生結弦」とファンへの感謝を添えた。
 
インスタグラムでは、直筆のメッセージも添付。そこには「10代の頃からずっと嘘や妄想や、出会ったことすらない関係者さんの話で記事が出ますが、面白いですね ありったけの体力と精神と技術と、自分を、スケートに込めていきます」とつづられている。
 
ENCOUNT編集部

 

羽生結弦さんがインスタグラムに投稿した報道への直筆メッセージ

 

インスタグラムで異例の反論文投稿で応戦も「これ羽生ママが書いた文章だと」直筆メッセージの筆跡めぐる新疑惑が浮上

12月26日に自身のインスタグラムを更新し、冒頭の直筆による文章を画像投稿したのはプロフィギュアスケーターの羽生結弦。その“書き殴られた”文面からは怒りと皮肉が滲み出た、普段の柔和なイメージとは程遠い文章だった。
 
すると昂る感情を抑え切れなかったのか、すぐに公式X(旧ツイッター)も更新。
 
【酷い“妄想”とか、“想像”や“嘘だけ”で記事になってて、びっくりします。すごいですね。訴訟して勝ってもなにも良いことないのでしませんが】
 
顔文字を入れつつも、こちらでも“嘘”や“妄想”、“想像”という言葉を用いて「記事」を痛烈批判。ところが、このアカウントが「羽生結弦official_Staff 公式」とのスタッフ公式であることを失念していたのか、すぐに、
 
【すみません、自分(羽生結弦)の言葉です!】との補足投稿を続けたのだった。
 
羽生が珍しくヒステリックに反応した「記事」というのが、同日に『文春オンライン』『デイリー新潮』が配信した、彼の離婚に関する記事。11月17日にSNSで離婚発表された「105日婚」の真相に迫るもので、新潮は元妻のバイオリニスト・A子さんにも直撃取材を敢行している。
 
羽生ママから「外出を禁じられた」
 
翌27日に発売された『週刊文春』1月4・11日号、『週刊新潮』1月4日・11日号では更なる詳細が記されているのだが、2誌に共通するのが羽生の母親、姉を含めた「羽生ファミリー」「チーム羽生」がA子さんを追い詰めたという内容。
 
音楽業界で認められるプロバイオリニストでありながら“一般人”として扱われ、義母や義姉からは結婚生活の口外だけでなく、「外出を禁じられた」のが真実であれば、離婚原因は羽生側からの“モラハラ”にあったとも思わせられる。
 
離婚発表の際に【お相手と私自身を守り続けることは極めて難しく】と、理由は「A子さんを守るため」と綴った羽生だったが、実際は彼女を守るどころか、母親や姉の言いなりのままに妻を切り捨ててしまったということなのだろうか。
 
『文春』『新潮』報道がネットニュースで配信されると、SNSではやはりというか、
 
《羽生結弦って、マザコンのシスコンか。こんな腐った男に一方的に離婚された嫁さん可哀想やわ。嫁さんも守れず、母親と姉いいなりか。情け無い男やな。》
 
《どちらかというと羽生くんに非があるわけじゃなく、毒親のような羽生くんの母親や家族に問題があって、羽生くんはそれに逆らえず、泣く泣く元妻と離婚したって感じじゃないのかな?》
 
などと羽生を“マザコン”と決めつけたり、また家族に問題があったとする見解が並ぶことに。この風潮に我慢できずに、冒頭の直筆による反論文、SNS投稿に至ったのだろうが、これがまさかの疑惑を生み出すことに。
 
羽生結弦-1
 
続きは↓
週刊女性PRIME
https://www.jprime.jp/articles/-/30441?display=b#goog_rewarded

 
 

ネット民の反応

名無しさん
だったら記者会見しなよ
名無しさん
ダサいなこのナルシシスト
結局自己愛が全て
名無しさん
びっくりって
 
あんたがこんなことぐらいでびっくりしてることにびっくりだわ
 
バカタレが
終わったな
国民栄誉賞の中では
井山となでしこと松井と最下位争いだろ
名無しさん
名無しさん
そうやってマスコミから妻を守ればよかったのにw
名無しさん
羽生って今までこういう反論はしなかった気がする
このタイミングの火消しは察してしまう
名無しさん
マスコミとファンのせいにして離婚だしな
自己愛強すぎ
嫁が可哀想
名無しさん
名無しさん
「妻を守るために離婚する」言ってた男が妻が誹謗中傷されてる時は黙して、自分が批判されたらコメントするっておかしくね?
まずは元妻を庇ってやれよ。

名無しさん
これもママが代わりに書き込んでるのか?

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

引用元

    -芸能/エンタメ
    -, ,