芸能/エンタメ

【テレ朝】『ブラック・ジャック』24年ぶり実写ドラマ化 主演は高橋一生

『ブラック・ジャック』2024年に24年ぶり実写ドラマ化 主演は高橋一生「厳しく観ていただきたい」【コメント全文】
 
12/16(土) 5:00 オリコン
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5705aa3f162dd8a45694e3e073941a838d0a456
 
ブラック・ジャック
『ブラック・ジャック』2024年に実写ドラマ化決定(C)テレビ朝日
 
手塚治虫氏の名作医療漫画『ブラック・ジャック』が、テレビ朝日系で2024年、俳優・高橋一生主演で24年ぶりに実写ドラマ化されることが決定した。
 
“医療漫画の金字塔”として色あせることなく、多くの人に愛され続けてきた本作は、2023年に連載開始50周年を迎えた。法外な治療費と引き換えに、どんな手術も成功させる無免許の天才外科医ブラック・ジャックが、コロナ禍を経て、医療のあり方がふたたび問われる令和の時代、センセーショナルによみがえる。
 
同局では1981年、加山雄三主演で『ブラック・ジャック』を初めてテレビドラマ化。その後、TBSで放送された本木雅弘主演の2000年版テレビドラマなど、さまざまな実写版や舞台版が各所で制作され、作品によっては大幅なアレンジも施されてきた。
 
今回は、原作から厳選した有名エピソードを凝縮。2024年版では原作へのリスペクトの念を軸に据えながら、現代を生きる人たちへ“時代を超えた真摯なメッセージ”を投げかける。
 
監督を務めるのは、『アルプススタンドのはしの方』と『性の劇薬』(ともに2020年)でヨコハマ映画祭・監督賞を受賞し、『女子高生に殺されたい』『ビリーバーズ』(2022年)でも大注目を集めた城定秀夫氏。脚本は、『JIN -仁-』(2009年、2011年)、『義母と娘のブルース』(2018年ほか)や、高橋ともタッグを組んだ『おんな城主 直虎』(2017年)、『天国と地獄 ~サイコな2人~』(2021年)といった大ヒット作に加え、2025年放送のNHK大河ドラマ『べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~』の脚本も手掛ける森下佳子氏が担当する。
 
さらに、人物デザイン監修・衣装デザインは、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)や『どうする家康』(2023年)、『シン・ゴジラ』(2016年)、『翔んで埼玉』(2019年、2023年)、高橋主演の『岸辺露伴は動かない』(2020~2022年ほか)も手掛けた柘植伊佐夫氏は務めることも決定した。
 
■高橋一生(ブラック・ジャック役)メント
――出演オファーを受け、ご自身がブラック・ジャックを演じると聞いた時、どう思いましたか?
 
今回演じさせていただく間黒男はブラック・ジャック「先生」ですが、僕にとっては大事な「先生」と呼ばれる人が一人、居ます。正直なところお話をいただいた時は、自分にできるのかと思いました。いくら彼の矜持(きょうじ)や人情、生に対する思いが好きであっても、いざ自分が演じるとなれば、当たり前ですが話はまったく別です。好きというだけではどうしても成立しない何かがあると思うからです。好きだからこそ失敗することも大いにあると思います。それでもお受けさせていただいたのは『おんな城主 直虎』等でご一緒させていただいた脚本家の森下佳子さん、『民王』でプロデューサーをされていた飯田サヤカさんがお声掛けくださったこと。それが何よりも大きな決定打でした。
撮影が始まった今も、試されている様な事が日々起きています。多くの方の心の中に居るブラック・ジャック像や基盤を大きく外すことなく、何よりも自分が思うBJ像を一瞬でも溢(こぼ)してしまいたくありません。これまでと同じように、お芝居をする時は、迷うことなく打ち出していきたい。演じさせていただくたびに納得し、許せる瞬間を積み重ね、それが作品になっていけるよう、毎シーン毎カットお芝居をさせていただいています。
観てくださる皆さんもぜひ厳しい目線で観ていただき、願わくば楽しんでいただけるとありがたいと思います。
 
――森下佳子さんが書かれた脚本を読んで、どんな感想を持ちましたか?
 
森下さんが書かれる脚本は、表現が非常に豊かなんです。読み進めていくごとに「さあ、この場面はどうしたら、より素敵に立体化していけるだろうか?」と、感覚が具体的になっていきました。
 
(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

 
 

Wikipediaから抜粋

ブラック・ジャック
 
bj
 
『ブラック・ジャック』(BLACK JACK)は、手塚治虫による医療漫画作品。天才的外科医だが医師免許を持たない「ブラックジャック」こと間黒男(はざま くろお)の活躍を描く。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1973年11月19日号から1978年9月18日号にかけて連載したのち、1979年1月15日号から1983年10月14日号にかけて不定期連載された。全242話。略称は『B・J』。
 
手塚の没後を含めてリメイクや派生・オマージュ作品が生み出され続けているほか、アニメや実写、舞台作品へのメディアミックス展開が行なわれている。
 
主人公を含めてキャラクターについては「ブラック・ジャックの登場人物」を参照。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
あまり漫画の古い服装とかに寄せなくても十分話が面白いから
現代風にしてもいいと思うけどね
名無しさん
どんどん 体がちっちゃくなってく 病気実写でみたいわー
おもしろ 映像になる 予感
名無しさん
どの話が選ばれるか楽しみだな
爆弾魔の眼球移植の話ぐらいはできるよな
初めて読んだのがアレ
5つ子の奇形児やカエルの無頭児は不可能
奇形児はマンガ豪華版からも削除されてる
回数限られるからわかりやすくベタな回が選ばれんじゃね 
ただ時代的にピノコ誕生回とかBJの顔の皮膚移植した少年の話とかは出来ないだろな
名無しさん
名無しさん
動物使ったのも手間かかるから無理だろな
シャチとか地震予知犬とかいい話多いのに
名無しさん
ワイがブラックジャックで珠玉の1話を推すとしたら
「アリの足」だな
ブラックジャックの過去の生い立ちも含めて
その厳しさ優しさ人間味を全てを詰め込んだ話かと思う
名無しさん
今の時代じゃアウトな話多いよな
どれを持ってくるのか
森下脚本なら大丈夫だとは思うけど
現代設定なのかな
医療技術が連載当時とはだいぶ違うと思うんだけど
名無しさん
名無しさん
高橋一生なら間違いはない
あとはピノコ役の子役次第だな

名無しさん
最終回は海外でエルサルバドルのやってほしい
あれ大傑作だよ

 

引用元

\\ X (旧Twitter)でバズッターニュースを //

    -芸能/エンタメ
    -, ,