芸能/エンタメ

【悲報】ぷよぷよ生みの親 今は家賃5万円で生活

ぷよぷよ
 
ぷよぷよ生みの親、売上高70億円の絶頂からわずか一年で「ぷよ」のように会社はじけ人生一転…「ぷよの縁」再びゲーム開発の世界に
 
倒産の理由はいくつかある。本業のゲーム開発で「ぷよぷよ」に続くヒットを生み出せなかった。経理は社員任せで、決裁書類はきちんと中身を確認せずに判を押した。社内に大所帯を束ねる力量や経験のある人材はおらず、会社の成長戦略もなおざりだった。「東京と違い、地方では情報も限られる。井の中のかわずだった」
 
生活は激変した。首都圏のアパートを転々としながら、夜の工事現場で警備員をしたり、専門学校でゲーム理論の講師をしたりして、食いつないだ。親から仕送りも受けた。ゲーム開発からは足が遠のいた。
 
転機は12年に訪れる。
専門学校の上層部と衝突し、講師を辞めた。「落ちゲーをもっと進化させたい」。そんな思いから再びゲーム開発の世界に戻った。
 
新たな挑戦を助けてくれたのも、やはり「ぷよぷよ」だった。「あの仁井谷です」。
企画を見てもらおうと任天堂に電話すると、担当者が東京まで足を運んでくれた。開発費500万円の借り入れを申し込んだ金融機関の担当課長は、試作品をプレーして言った。「昔ぷよぷよで遊んでいました。ぜひともこれを世に出したい」
 
今は千葉県内にある家賃5万円のアパートに住む。
オンラインで囲碁の対局をしたり、趣味のギターを奏でたりしながら、次回作の構想を練る。
 
コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」が五輪競技になる日が待ち遠しい。「自分の作品で世界一になった選手に、自分の手で金メダルをかけたい」。その夢がかなう日は来るだろうか。
 
林尭志(はやし・たかし)記者 2012年入社。西部社会部を経て、今年5月から東京科学部。小学生の時にスーパーファミコン版の「ぷよぷよ」で遊んだ。取材を機に実家の押し入れから探し出してプレーしたところ、6連鎖が限界だった。36歳。
 
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/8809b2b3986920bcb2fbc176cfbf17abc1227435&preview=auto

 
 

Wikipediaから抜粋

ぷよぷよシリーズ
 
『ぷよぷよシリーズ』(Puyo Puyo series)は、コンパイルおよびセガが開発・発売した落ち物パズルゲームの総称。
 
詳細は「ぷよぷよ#制作」を参照
本シリーズはコンパイルが開発したRPG『魔導物語』で登場したキャラクターを利用した作品として開始、1991年10月25日に1作目『ぷよぷよ』が発売された。操作対象となるモンスター「ぷよぷよ」(ぷよ)や、多くの作品で主人公を務める少女「アルル・ナジャ」をはじめとするキャラクター群は魔導物語を初出とする。
 
2002年に開発元のコンパイルが解散して以降、同社がリリースした作品のキャラクターのうち、2022年時点では『ぷよぷよ』シリーズの新作の開発や「旧ぷよ」を除く旧作の移植・リメイクなどはセガ、それ以外のキャラクターはD4エンタープライズに権利がある。このため『魔導物語』とコンパイルがリリースした時代の『ぷよぷよ』シリーズ作品は同一の世界観で作られているが、両方に登場したキャラクターと『魔導物語』のみにしか登場していないキャラクターとでは権利者が異なる状況になっている。
 
出典:Wikipedia

 
 

ネット民の反応

名無しさん
別にいいだろ
家賃払ってるだけ偉いわ
子供部屋から出てこない人だっているんだぞ?
名無しさん
やたら手を広げてたんだっけ
プヨ饅頭とかも売ってた記憶がある
名無しさん
スマホで英語版にしてオンラインにしたらそんだけで大儲けできないんか?
普通に続編作ってるだけで食っていけただろうに、何やらかしたんだ
名無しさん
名無しさん
ぷよぷよの権利持ってたら全然違ったんだろうけどな
名無しさん
亜種はいっぱいあるけどなんか特許や権利とか無かったんかね
名無しさん
数年前に「にょきにょき」とかいうゲーム作ってなかったか?
結局発売まで至らなかったのかな?
ぷよぷよと言えば名越のあのチー牛発言が思い出される
 
まさか発言一つで取締役からクビまで行くとはwwww
名無しさん
名無しさん
食品とかアパレルとかいろんな方面に手を出しすぎた

名無しさん
ぷよぷよくらい認知度が高いゲームタイトルってそうそうなかろう。そのブランド持ってて落ちぶれるってんだから怖いな。

 

引用元

\\ X (旧Twitter)でバズッターニュースを //

    -芸能/エンタメ
    -,