災害

南海トラフで『ひずむ日本列島』4年前、能登半島に謎の地殻変動が…

迫る、南海トラフ
 


南海トラフで『ひずむ日本列島』活断層が集中する地域に大地震の足音迫る 4年前、能登半島の謎の地殻変動をGPS予測が察知していた

令和6年初日に発生した石川・能登半島地震。元日の雰囲気を突如襲った最大震度7の揺れは、住み慣れた住宅や街並みを破壊し125人以上もの命を奪った。
 
これまで「地震予知はできない」と言われながらも、新たな手法で地震の発生予測に果敢に取り組む学者がいる。
我々は、京都大学の西村卓也教授(当時は准教授)の研究の最前線を2022年に取材した。西村氏は当時、能登半島で3cmほどが隆起している、前例のない「謎の地殻変動」を観測していた。
 
また「地震の巣」とされる活断層が集中している近畿地方には、南海トラフに押されて”ひずみ”がたまっているという。大地震の足音が迫っている。
 
2021年12月3日の午前9時半ごろ、和歌山県北部を震源とするM5.4の地震が起きた。最大震度は5弱の強い揺れで、御坊市役所では窓ガラス37枚が割れるなどの被害が出た。
この約3時間前には、400kmほど離れた山梨県東部で最大震度5弱を観測する地震が起きていた。
 
これまで多くの地震の発生メカニズムなどを分析してきた「京都大学防災研究所」の西村卓也准教授は和歌山県北部で起きた地震について次のように話した。
 
(京都大学・防災研究所 西村卓也准教授)
「和歌山県のあたりは普段から非常に地震活動が活発なんですけれども、特に和歌山市付近が一番活発なんですが、そのあたりで起こっている地震とは若干タイプが異なります」
 
西村卓也准教授は、新たな手法で地震の発生を予測する研究を進めている。
 
(京都大学・防災研究所 西村卓也准教授)
「GPSのデータを使って、地面が精密にどう動いているのかを調べます。それで地殻変動の様子がわかるのですが、地殻変動から地下で起こっている地震のメカニズムや、断層でどのように『ひずみ』がたまっているのかというようなことを調べています」
 
「GPS」はスマートフォンや車のナビゲーションなどにも利用されていて、人工衛星からの信号で位置情報が分かるシステムだ。西村准教授はミリ単位で正確に位置情報を調査できることに注目した。
 
続きは↓
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/927295?display=1

 

Wikipediaから南海トラフ巨大地震の情報を抜粋

南海トラフ巨大地震(なんかいトラフきょだいじしん)は、フィリピン海プレートとアムールプレートとのプレート境界の沈み込み帯である南海トラフ沿いが震源域と考えられている巨大地震。時に超巨大地震となることもある。詳しくは南海トラフ沿いの巨大地震(なんかいトラフぞいのきょだいじしん)と呼ばれる。
 
また、2011年8月に内閣府に設置された「南海トラフの巨大地震モデル検討会」が検討を行っている、南海トラフ沿いで発生すると想定される最大クラスの地震も南海トラフ巨大地震と呼称され、また南海トラフ地震(なんかいトラフじしん)とも略称され、本項でもそれを基に解説している。
 
南海・東南海・東海地震の震
 
南海トラフ巨大地震の想定震
 
■南海トラフの地震の特徴と「地震像」
 
南海トラフの地震は、約90 - 150年(中世以前の発生記録では200年以上)の間隔で発生し、東海地震、東南海地震、南海地震の震源域が毎回数時間から数年の期間をおいてあるいは時間を置かずに同時に3つの地震が連動していること(連動型地震)が定説だった。
 
一方で、1605年慶長地震は南海トラフを震源とすることに異論が出されており、南海トラフの地震は200年程度の間隔で発生すると考えるのが自然な姿であるという見解も存在する。
最も新しい昭和の地震は地震計による観測記録、それより古い地震は地質調査や文献資料からそれぞれ推定されており、今後も同じような間隔で発生すると推測されている。いずれもマグニチュードが8以上になるような巨大地震で、揺れや津波により大きな被害を出してきた。
 
なお、その後の研究により、地震が起こるたびに震源域は少しずつ異なることがわかった。例えば、同じ南海道沖の地震でも1854年安政南海地震は南海道沖全域が震源域となったのに対して、1946年昭和南海地震は西側4分の1は震源域ではなかったと推定されている。また一方で東京大学地震研究所の瀬野徹三は、東海・東南海・南海といった3地震の分類を変える必要を挙げ、南海トラフの東端の震源域(東南海の一部および東海)と連動して静岡付近まで断層の破壊が進む「安政型」、その震源域と連動せず静岡までは断層の破壊が起きない「宝永型」の二種類に分類することができるという説を唱えている。
 
出典:Wikipedia

 

【まさか】南海トラフ巨大地震で危険な場所ランキング

 
 

ネット民の反応

名無しさん
起こるなら誰も火を使ってないような時間帯にしてくれ...
名無しさん
地震の来ない場所に引っ越す事が出来ないのが、、辛いよなぁ。。。
名無しさん
果たして国としての機能を失った日本を助けてくれる国は有るのか・・・国内の支援、救助は絶望的
南海トラフでは、安全と思われた場所で正月早々の甚大な地震災害。地震国日本で安全な場所なんてないのが現実。明日は、我が身の心得が本当に必要。
名無しさん
名無しさん
南海トラフだけではないのが日本です。阪神大震災から、東日本大震災、中越、熊本、北海道、そして今は能登では大変な状況です。日本には安全な地域はないと思い覚悟と準備をしながら生活することでしょうね。
名無しさん
絶対に生き残る。
地震や津波来ても周りの人の命はみんなで守って助け会おう,南海トラフ巨大地震来る時は無事を祈ってます
名無しさん
せめて家族と一緒にいる時がいい…
家族1人も失いたくない。
家族全員で生き延びてやるんだ…!!
範囲広すぎて絶望でしかない。津波も来るやろうし、今すぐ備えよう。
名無しさん
名無しさん
地震を止めることはできないけど命を守るために最善を尽くすことはできると思うな

名無しさん
南海トラフは、国がいずれくる地震として認めている。石川県の地震よりも被害が大きなものになるのも確実視されてる。時間があるうちにできる準備をしよう。

 

 

X(旧Twitter)からリポスト、いいね、引用する

    -災害
    -, ,